Robot Logic : 鉄人をロボプログラミングして目的地まで動いてもらう論理系ゲーム。

Robo Logic という鉄人的なロボットに予め動きをインプットしてからその通りに動けるかをシミュレートするようなゲームがあります。

よく将棋のプロに言われるように何手先までもじっくり読み切ってから動きたいという頭の構造を作りたかった自分にとってはまたとないトレーニングとなると思い遊んでみました。


起動後画面、シンプルと見せつつ、物いいたげなオレンジの四角。
右、今回はチュートリアルに沿って進めましょう。このゲームの目的は画面にたたずんでいる黒色のロボットに進める廻るなどのプログラミングを施し、矢印にあるオレンジタイル上まで運ぶ→ひらめきのようなライトを点けることです。


プレイ画面下にある命令コマンドをMain領域左上から順にならべ、オレンジタイル上でこのライトコマンドを行います。プログラムが完了したら、左上にある再生アイコンをタップしてロボットを実際に動かしてみてください。


それぞれのアイテムの解説。
Forward ロボットの向いている方向に進む
Turn Left ロボットの左方向に90度回転
Turn right ロボットの右方向に90度回転
Jump 段差に遭遇したらジャンプして登るかジャンプして降ります。
Activate オレンジマークのタイル上でパワーを解放します。
Subroutine 1 このコマンドを実行するとf1メモリ上の行動を行います。
Subroutine2 このコマンドを実行すると、f2メモリ上の行動を行います。


ステージ1、とりあえずこんな感じで進めさせる。

  *’ω’|¶ ¶ <行け 鉄人! wWピピピピピ 

右、華麗にクリア。ありがとうございます!


0、 ゚ (>゚l 次は回転が必要そうな場所。ズバァァーン!!
右、いけばわかるさ┣¨ガアァァァン!!


オレンジタイルが連続していることもあるのですね。わかりました。
右、なんかこのジャンプのコマンドって見たことあるんだよなぁっておもっていたらこれだったのか。


ジャンプが必要な段差にやってきました。高い所から降りる時もジャンプを使うことを忘れないでくださいね。
右、ここがそういう場所です。あとf1を使って効率の良くMain部分を使うようにしてください。


それでは普通のステージへと。勢いの良いジャンプです。0、 ゚ (>゚l < ガオーッ! ズバァァーン!!なんとかクリアできそう。


とりあえずステージが始まったらロボを動かしている自分の詰めの甘さに気付き、一つづつ修正修正していくというやり方をみながら、こういう人間なんだよなぁと少し反省しつつ、プログラムを組み立ててロボくんに動いてもらっています。

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!