EasyWriter Pro: 英語のメールを打つ人は今すぐ買いましょう。高機能スペルチェック付きテキストエディタ!382

みなさん、こんにちは。さすがに経営ネタが尽きてきた、Economy Trapです。生産性もいいけれど、今日朝起きて最初にしたことは「けいおん!」を見ることでした、Economy Trapです。

さて、今回ご紹介するのはテキストエディタです。テキストエディタで最も成功しているのはToFUEditorかなと思いますが、有名すぎるアプリは後回しで、このEasywriter Proを紹介しようと思います。


テキストエディタで重要なことは何でしょうか。最低限必要な機能である、横・縦の入力の対応や、メールへのシームレスな移行には対応しています。それ以外の「特色」が大事ですよね。

本アプリの特徴を一言で言えば、「英語のメールを打つ人の必携ツール!」これです。さて、さっそく中身を見ていきましょう。

Easywriter Pro


最初に表示される画面はテキストエディタ画面なので、とりあえず文字を書いてみました。この駄洒落、分かります?

エコノミートラップが言った。「エコのみ!」

で、次のクリップのボタンを押してみます。


これは定型文の集まりです。例えば、一番上をクリックすれば、

Thank you for inviting me. I look forward to joining you!

と自動的に入力されるようになっています。さて、Economy Trapも文を一つ書いてみましょうか。


Nameが定型文のタイトルです。
AutoTextで、定型文入力の際のショートカットを設定できます。


タイトルをEco Signiture
AutoTextをecos
にしてみました。


下にスクロールすると、文字入力画面が出てきます。ここに定型文を入れればいいわけですね。


入力してみました。
※appbank.comじゃなくてappbank.netだった…。


定型文画面に戻ってきました。

お、一番上に登録されていますね。


さて、さっそく「Ecos」と入力してみました。これで、returnを押せば、定型文が入力されるはず。


おおお!なんか一気に入力された!!これはよいな、うん。改行も含めて入力できるところがいい。


そして上の「チェック」ボタンをおすとこの画面に。

この画面はそう、英単語スペルチェックです!!写真を撮る以外にも何度か使ってみましたが、これは結構クオリティ高いです。英文をiPhoneで書くには相当便利。


ちなみに、縦にするとこんな感じです。


さて、以上で紹介は終わりです。ふむ。これは便利。写真では紹介しませんでしたが、「★」ボタンには、よく使う先に一斉送信ができるような機能がついています。

とにかく、日本人がこのアプリを使うなら、英語を打つ人、それも単語のスペリングに自信がない人、ということになるでしょう。

こういうターゲティングが明確なアプリっていいですよね。でも、今のApp Storeだとそういうアプリが埋もれる仕組みですよね。こうやって時々レビューして、なんとかしたいものです。

Easywriter Pro
  • 販売会社:Sax.net
  • 参考価格:350円
  • 仕事効率化(Productivity)
参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!