広告のみでUSのApp Storeランキングトップ100に入れるにはいくら必要か。

Want to Be in the App Store Top 100? It’s Gonna Cost You – NYTimes.comからたどっていったAdwhirlの6月まとめレポートが非常に興味深いのでご紹介。

AdwhirlのPDFレポートはこちら

AppStoreのランキングトップ100に入るにはいくら必要か。

12ページ目
AppStoreのトップ100に入るには1日2500DLされなければいけない。(POWというiPhone アプリは2800のDL数で60位だった。)

ターゲティング抜きのアプリ内広告による高倍率は高くて0.2%、2500DLさせるには1日125万インプレッションが必要になる。

Adwhirlの広告は最低1クリックあたり5セントで販売している。CTR(クリックに対する購買の割合)が3%であるならば、125万インプレッションでは3万7千500回クリックされることになる。

そのため、1日に必要なコストは$1875となる。

他にも気になった情報があったのでピックアップして紹介します。

3ページ目
Adwhirlは6月現在、1000のパブリッシャーに対し、10億インプレッション分の広告の表示を提供した。



4ページ目
無料アプリの割合は25%だが、全ダウンロード数の95%をしめる。(ソース:App store dirty secret ? 95% of downloads are free
そのため、全てのiPhoneアプリ開発者は自身のアプリのプロモーションのために無料アプリをつくるべきだ。無料の効果的な広告ツールとなる。

AppStoreのおすすめアプリ(Featured App)は効果がある。陳列されるのは運次第だが。



5ページ目
ターゲティングしていない広告の購買率は0.2%、ターゲティングされると3倍以上の効果、0.4~0.8のものもある。



6ページ目

ターゲティングしていない広告の例
Fuzz 無料6位
2009年5月、250万インプレッション、5385DL、コンバージョン率は0.22%



7ページ目
Fuzz 無料6位
2009年4月23-29、480万インプレッション、35047DL,コンバージョン率は0.73%



11ページ目
Tap Tap は常に同社の無料アプリを宣伝して自社ユーザーネットワークを広げ、そこから有料アプリ購買へと結びつけている。

全米1位をとったStickwarsでさえ、無料版を出すと同時に有料版のDL数が30%増
アプリは食い合っていない。



13ページ目、
$1875を支払うのは便利なショートカットだが、(無料アプリによる)自分のネットワークを持つことのほうが、より価値が高く息の長い効果を得られる。

無料アプリに対する非常に高い需要を利用すること。有料アプリのみを提供するより効果的だ。

広告を出すときは、利用者の興味が合うような相性の良いアプリを探しだし、効率良くターゲティングしよう。

有料アプリを宣伝すれば売り上げが上がる。
無料アプリを宣伝すればより多くの人の目にとまり、さらに多くのマネタイズ源を得ることになる。

AdwhirlのPDFレポートはこちら

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!