IdeaPod :Kayacから「思考を支援するツール」 1077

<Economy Trapによる忙しい人のための3ポイント紹介>

  • 技術的ブレークスルーの40パターンのカードセット収録
  • 旧ソ連で生まれた発明的問題解決理論「TRIZ」を応用
  • Economy Trapの大好物(これはポイントじゃない?)


コンセプトに思わずにんまりしてしまいました。IDEO Method Cardからの影響をそこはかとなく感じる、この IdeaPod 。Kayacの「アイデアへの愛」をとにかく感じるこのアプリ、アイデアが好きな全人類にオススメです。


こんにちは、Economy Trapです。アイデア。プラトンの「イデア(個別の事物の背後にある本質のこと)」にその起源を遡れる歴史のある言葉。僕はいわゆる構築主義に影響を受けているので「本質」は存在しないと思ってますが、川喜田二郎をはじめとした、(イデアではない意味の)アイデアをどう人間から引き出すか、という発想にはとても惹かれます。

ところで、私は恥ずかしながら「TRIZ」について知りませんでした。コンサルタントは、ピラミッド・ストラクチャーをはじめとする、「課題分析的問題解決」手法についてはよく知ってますが、「発明的問題解決」についてはあまりよく知りません。いやー、起動するだけでドキドキする><

IdeaPod



デザインかわいいー!!!!!!
「分けよ」とかいってかっこいい!!!
発想できそう!!!!!



「離せ」!!!!!
んー、、、、これはあまり思い浮かばないな。

そんなときは、、、



上に動かして捨てちゃえます!!!

要するに、カードをめくりながら、テーマに沿ったアイデア出しを行うわけですが、あまりひらめきが生まれなさそうなカードは、上にフリックすることで捨てることができるというわけです。

ひらめきが出続けるカードが残るというわけです。



ちなみにイギリス国旗ボタンを押すと英語になります。



そして最後にShuffle!!!

shuffle ボタンを押すと捨てたカードがリセットされ、順番がランダムにシャッフルされます。


以上です。

どうでしたか?このタイミングでツールについて改めてご紹介。

TRIZ 理論の一部である「技術的ブレークスルーの 40 パターン」を元に、シンプルな文章と絵を配した 40枚のカードセットを収録。カードを利用することで手軽に一定量の技術的アイデアを出すことができます。(プロダクト系の開発や企画など、まさにKiteretsu的な方向性に特に向いているツールです。)

(開発者様のブログより)

いい感じですねー。あまりにも気に入ってしまったので、開発者様にインタビューをしようと思っております(未アポ)。

では!!

IdeaPod
参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!