Things:王道ToDo管理アプリ。Economy Trap的には、今まで触った中で一番良作かも。普通、でも、それがいいな。1244

<Economy Trapによる忙しい人のための3ポイント紹介>

  • プロジェクト管理に対応している
  • 「今日」「次」「予定済」「未定」の分類がいい感じ
  • MACだとデスクトップアプリと連携するらしい by窓ユーザーエコトラ

Things (1)
今回紹介するのは Things というToDo管理アプリ。さて、内容を語る前に、本家サイトの解説文を抜粋してみます。

Things is a beautifully focused and amazingly intuitive task manager. Other task managers either oversimplify or are too difficult to use. Either way you are not getting stuff done.

これを意訳すると、「Thingsはマジで直感的に扱えるエレガントなToDo管理アプリです。他の管理アプリがシンプル過ぎだったり複雑すぎだったりする中で、いいバランスに仕上がっております。」となります。

どう思いますか?果てしなく「普通のアプリ」オーラがでてますよね。そうなんです、このアプリ、かなり普通です。でも、一通り使用した後、「おお、なんかいいアプリだった」と感じました。

私は昔からバンドのスピッツが好きですが、ここ最近の彼らの楽曲は、良い意味で普通です。ただ、その完成度は尋常でなく高い。それと似たところがあるかもしれません(もちろん、スピッツの完成度の高さに比べたらこのアプリの完成度は低いですが・・・)。

ちなみにスピッツは、「ハヤブサ」と「スーベニア」を聴けば間違いないです。余裕があれば「名前をつけてやる」を聴けば完璧です。というわけで、Economy Trapです。では、アプリ紹介に入っていきます。

Things


Things (0)
起動しました。どうですか、この普通っぷり。

では左下の「+」をタップして、ToDoを作成していきます。


Things (0_)
というわけで一つ作ってみました。期日を本日に。


Things (0__)
もう一つ作ってみました。期日を明日に。


Things (1)
そしてホーム画面に戻ってきました。「受信箱」に一つ、「今日」に一つカテゴライズされました。

ToDoを作ったときには、基本は「受信箱」に格納され、本日が期日の場合は「今日」に入れられるようです。


Things (2)
というわけで、受信箱です。色々とToDoを増やしてみました。

この増やす中で分かりましたが、ToDoの名前の長さが2行に渡ると、アプリが落ちます…。ToDo名はシンプルにしろ、という命題ならば「おお、かっこいい仕様だ」となりますが、ただのバグでしょうね。


Things (3)
下の「⇒」を押すとこうなります。これは・・・


Things (4)
「受信箱」のToDoを他の画面に振り分ける機能のようです。


Things (5)
というわけで色々振り分けてみた後の「今日」の画面です。二つToDoがあります。「HBR」と「風呂掃除」です。どうやら、本日が期限の場合、左が赤くなり、本日出ない場合、左が黄色になる模様です。


Things (6)
「次」の画面です。「今日」とかぶってますね。

どうやら「次」⊃「今日」という関係があるようです。

「今日」を含む、近いうちに発生するToDoがここには登録されている、と考えればいいでしょう。


Things (7)
「予定済」です。ここは、「今日」および「次」とは独立に管理されます。ToDoが期限日になると、ToDoが赤くなり「今日」に動かせ!と、なるようです。


Things (8)
最後に「未定」。ここはとりあえず入れとけってことでしょう。


Things (9)
次に「プロジェクト」。ここでは、ToDoをプロジェクト管理することができます。ここではコンポ購入プロジェクトを発足しました。


Things (10)
こんな感じです。


Things (11)
項目の一つを開くと、このような画面になります。ここで「今日を表示する」を押すと・・・


Things (12)
こうなります。これにより、このタスクが「今日」に表示されます。(これ、きっと日本語訳間違えてます。きっと「“今日”に表示させる」という意味です)


Things (13)
「今日」に戻ってきました。コンポ購入プロジェクトから、ToDoを二つ追加しました。


Things (14)
ちなみに「次」では、ToDoを期日別に並び替えたり、


Things (16)
タグ別に並び替えたりできます。


Things (17)
また、このようにチェックをして、一度アプリを落として再起動すると・・・


Things (18)
このように「ログの自動作成」がなされて、


Things (19)
一番最後の項目「ログブック」に、処理した項目がリストアップされます。


Things (20)
ちなみに、今日の残りToDo数はもちろんアイコン上に表示されます!


以上です!

どうですか。普通だと思いませんでしたか?「おお○○がすごい!」みたいなものは一切ありません。少なくとも、私は一切そう思いませんでした。

でも、好きになってしまったのも事実です。現在、私は日常的にはToDoリストを使っていませんが、これだったらいいかも、と思えました。

さて、王道ToDo管理アプリがほしいあなた、ぜひご検討くださいませ。

Things
参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank

オススメ