DotTouch : Mac OS X版のドットエディター DotShotXのiPhone版。1713

DotTouch

この記事はDotTouchの作者様自身からの寄稿です。

DotTouchはMac OS X用のドットエディターとして公開している DotShotX のiPhone版で、iPhone/iPod touchでドット絵を描くためのアプリケーションです。

アプリケーションを起動するとこのようなメイン画面が開きます、基本的にこのメイン画面からほぼ全ての機能を使えるようにしています。

ドットを打つための必要最低限のツール(鉛筆、直線、矩形、楕円塗りつぶし、矩形選択)とカラーパレットを下部のツールパレットにまとめて常駐表示しすばやくドット打ちができるようにしています。

DotTouch


DotTouch の動画はこちら


カラーパレット

DotTouch

カラーをダブルタップすることでRGB形式のスライダーバーが表示されカラーを変更することができます、カラー変更と合せて画像もプレビューされますので絵を確認しながらカラーを編集することができます。
「OK」をタップすることでカラーが適用され、「キャンセル」をタップすればカラーの変更は破棄されます(プレビューされた画像も元のカラーに戻ります)。


DotTouch

カラーパレットの上にしばらく指を置いておくと、ツールバー上部に「コピー」、「ペースト」ボタンが表示されます。このボタンでカラーのコピー&ペーストができます。すでになにかカラーをコピーしている場合、ペーストボタンの上にそのコピーされているカラーがポップアップ表示されますのでどんなカラーがペーストされるのか事前に確認することができます。


DotTouch

ドット打ちにとって何気に便利なのがカラーの入れ替え機能です。
パレットのカラーはドラッグ&ドロップで入れ替えることが可能で、入れ替えたカラーのピクセルも同時に入れ替えますので画像の色が崩れることなくカラーパレットの整理ができます。
例えば、後からキャラクターの肌の色や髪の色など、カラーパレットでまとめておきたい場合などに便利です。


カラーのスポイト

DotTouch

ドットを打っていると頻繁に色の変更をすると思います。描画ツール使用中、編集ビューにしばらく指を置いておくとスポイトモードになります、現在指の下にあるドットのカラーがポップアップ表示され、指を放すとその色が描画色として設定されますのでカラーパレットから色を選択するよりもすばやく色の切り替えが行えます。


選択ツール

一番右側にある「選択ツール」は画像の上で長方形の矩形範囲を選択するためのツールです。
範囲選択すると描画はその選択範囲内に限られます。選択範囲外をタップすることで選択範囲が解除されます。
選択範囲内をダブルタップすればその範囲を背景画像から切り抜いて移動させることができます。

DotTouch DotTouch


DotTouch

選択ツール使用中はカラーパレットの部分が「変形ボタン」に切り替わります、画像の範囲を選択して変形ボタンをタップすることで、選択範囲の回転、反転、削除が行えます。


DotTouch

選択範囲内の上にしばらく指を置いておくと、カラーパレットと同様にツールバー上部に「カット」、「コピー」、「ペースト」ボタンが表示されます。
このボタンで選択範囲内画像のコピー&ペースト、およびカットができます。コピー、カットした画像はアプリケーションのペーストボードに保存されます。すでにペーストボードに画像がある場合、左上にその画像が当倍表示され、どんな画像ががペーストされるのか事前に確認することができます。


画像の拡大表示とスクロール

DotTouch

編集ビューを2本指でフリックすることで画像のスクロール。ピンチイン・ピンチアウトで拡大縮小、その下の[+][-]ボタンでも拡大縮小表示ができます、この操作は一般的によくあるiPhoneアプリの操作です。
DotTouchではさらに、右下の画像全体表示ビューを指でグリグリと操作することで編集ビューをスクロールさせることができます。
画像が指で隠されることなくスクロール確認できるので便利です。


画像の保存と出力

左したのアイコンをタップするとテーブルメニューが開きます。ここからファイル保存などの操作が行えます。
作成したドット絵は本体に保存しておける他、写真アルバムに保存したり、連絡帳の連絡先画像として設定することができます、ここでもちょっとひと工夫。
画像全体をそのまま保存、設定するのはもちろん、選択ツールで範囲を指定しておけば、その範囲だけを写真アルバムや連絡先画像として保存することができます。

DotTouch DotTouch


DotTouch DotTouch


DotTouch

また、アプリケーション内からpngファイルとしてメールに添付し送信することができます。


今後のバージョンアップ予定

DotTouch

Wi-FiやBluetoothを使った無線ネットワークで、他のiPhone、iPod touchのDotTouchやMac OS XのDotShotXとファイル共有が出来るようにする予定です。(以下の画面キャプチャーは開発中のものです)


[from STUDIO SHIN Homepage]

※寄稿したい方はこちら:iPhoneアプリの紹介記事の一般募集について

DotTouch
参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank

オススメ