誰でも弾ける PianoMan In App Purchases: 電子ピアノ以上にこだわった本気のピアノ練習アプリ。2024

pianoman

この記事はあのユードーの南雲玲生社長からの寄稿です!

こんにちは、ユードーの南雲です。

iPhone LIFEお楽しみでしょうか? ご活用なさってますか?

私は、iPhoneマニアということもありまして、定期的にアプリについて紹介していきたいと思っております。で、最初ぐらいはボクの会社で開発したアプリ、PianoManを紹介させて下さい。

記念すべき2008年7月のAppStore日本スタート時に、ボクらが持っているノウハウで一番すぐかつ手軽に開発できるものとして、楽器系だろうと考えましてギターや、ドラム、シンセサイザー、ピアノのアプリケーションを初アプリとして順に投入していきました。

このピアノアプリPianoMan In App Purchasesは2008年11月から販売をしたのですが、この時期、ユーザーは、徐々に一発芸的なガジェットアプリから、長く遊んで楽しめるアプリへ人気が移行していたと考えております。そのような時期ですから、すぐに、ピアノマンはヒットアプリとなり、ランキング上位へと上っていきました。

Piano Lesson PianoMan In App Purchases


このアプリの動画はこちら


pianoman

さて、これが起動画面です。起動に時間がかかる?なんて言われています。
すいませんが、ボクのコダワリなのです。
実は、ドイツの有名なピアノ、ベーゼンドルファーの音を、鍵盤一つ一つにアサインしています。つまり、低い音のドから高い音のドまで、一つ一つ弾いたものをiPhoneの鍵盤にアサインしています。なので容量が大きく、起動がもっさりしています。


pianoman

起動すると、BUYによって一曲単位で楽曲を購入できます。
みんなの知っている有名な曲で遊べたら、楽しいはず、と、すぐにJASRAC
さんに相談をして、JASRAC管理曲をiPhoneで配信することの許諾をいただきました。


pianoman

アニソンや各アーティスト版をシリーズ展開してきたわけです。また、こんな曲を入れてほしいとかリクエストをいただきます。先日は、親戚の甥っ子からも連絡もらったんですよ。


pianoman

LISTENで聴いて楽しめます。タイマーで朝ピアノの曲で目覚めることも出来るのですよ。朝から晩までiPhone三昧。


pianoman

伴奏やメロディの音量を調整することができるんです。


pianoman

曲を演奏する前に、テンポの設定や演奏するために様々な機能をセッティングすることが出来ます。


pianoman

さて、PLAYですが、このようにガイダンスにそって、演奏を楽しめます。StepSequenceによって、一音ずつ確かめながら演奏が出来るんですよ。で、ボクのコダワリを感じていただくためにも、ヘッドフォンで聴いてみて下さい。きっと、良い音がわかるはずなんです。


今後、iPhoneをベースにした、タッチパネルのPCがアップルさんから出るとの噂もありますし、そうなったら、PianoManは本当の鍵盤のサイズにすることができるでしょう。

皆さんが、PianoManで練習をして、さらに本物のピアノでも演奏できちゃうようになったら良いなと考えております。PianoManなら難しい曲が、指先で簡単に弾けます。音楽って、楽譜が敷居をあげていることが、よーく分かります。

ということで、もしこんな機能があったらとか、リクエストがあったらお聞かせください。

次回以降は、ボクがいつも使っているアプリをどんどん紹介していこうと考えています。


[from 南雲玲生 (djnagureo) on Twitter] [blog ナグレオブログ 非効率なLifeHacker]

※寄稿したい方はこちら:iPhoneアプリの紹介記事の一般募集について

Piano Lesson PianoMan In App Purchases
  • 販売会社リンク:Yudo Web Site
  • 参考価格:115円
  • ゲーム(Games)
参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!