山手線Exit: 山手線で移動するなら、このアプリでよどみなくダンドれ!無料。454

「ダンドリとはよどみなさなり!」とは、マンガ「ダンドリくん」(作:泉昌之 Amazon.co.jp: ダンドリくん (上) (ちくま文庫): 泉 昌之: 本)の主人公の決め台詞である。

ダンドリくんはいささか極端な例ではあるが、われわれも日常生活の中でちょっとしたダンドリを組んでいるものだ。例えば電車に乗る際、どの車両に乗れば目的の駅の出口に近いか、などだ。東京メトロでは各駅のホームに各駅の乗換情報などをまとめたチャートが貼られていて非常に便利だが、残念ながらJR東日本にはそうしたものがないため、勢い経験則に頼らざるを得ないのが実情だ。

山手線Exit 山手線Exit

山手線Exitは、そんなダンドリスト諸氏にうってつけのアプリだ。山手線限定ではあるが、目的駅までの所要時間や、出口に近い車両が一目でわかる。

山手線Exit




山手線Exit

起動すると山手線の路線図が画面いっぱいに表示される。乗車駅をタップすれば各駅までの所要時間が一目瞭然だ。


降車駅をタップすると画面が切り替わり、各改札口に近い車両を調べることができる。画面右上のボタンで内回り・外回りを切り替え可能だ。エスカレータやエレベータ、車椅子用トイレなどの有無もわかる。

山手線Exit 山手線Exit


山手線Exit

改札口をタップすれば、出口や周辺のランドマーク情報がリストアップされる。


ターミナル駅での乗換情報も、各接続線ごとに詳細がわかる。

山手線Exit 山手線Exit


データがローカルに保持されているため、3G回線やWi-Fiが届かない場所でも利用できるのが嬉しい。動作も軽快で小気味よい。

山手線で移動する際には、このアプリでよどみないダンドリを心がけよう。

山手線Exit
参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!