iMemoryGraph: メモリ使用状況を折れ線グラフで表示!有料アドオンでメモリ解放も。513

<iMemoryGraphの3ポイント紹介>

  • 過去40件のメモリ使用状況を折れ線グラフで表示
  • デバイス情報・起動プロセスを表示
  • 115円のアドオン追加で「メモリ解放」「情報のメール送信」「広告削除」機能が追加!

iMemoryGraph

MemoryInfoMemoryStatusなどを今まで紹介してきましたが、それらに続くメモリ関連アプリiMemoryGraphのご紹介です。


このアプリの特徴は、冒頭で書いた通り、「無料」で過去40件のメモリ使用状況を折れ線グラフ・デバイス情報・起動プロセスを表示できるところです。さらに、アドオン(115円。安い!)を付けると、「メモリ解放」「情報のメール送信」「広告削除」機能が追加されます。

個人的には、グラフでメモリ使用状況が表示されている所がなんか好きです。

以下、まずは有料アドオンが追加されたものをご説明し、その後、無料で使える範囲をご説明します。

iMemoryGraph

iMemoryGraph

折れ線グラフで表示ってのはなんだか面白くて良いですね!グラフで表示する必要性がどこにあるのかわかりませんが、グラフになっているとなんか楽しい!

私も、折れ線グラフとして、ブルーオーシャン戦略のバリューカーブを何度も仕事で書きましたよ。

そして、メモリ解放(雷ボタン)を押すと・・・


iMemoryGraph

めっちゃ開放された!!!どのメモリ解放アプリでもそうですが、開放された瞬間のきもちよさったらないですよね。

ゴミ箱アイコンは、グラフデータの削除ボタンです。

ここで、下にあるメールボタンを右にスライドさせると・・・


iMemoryGraph

このように、メールにてデータを添付できるようになります。


iMemoryGraph

こちらはデバイス情報の表示画面。

この画面でメールボタンをスライドさせると、この画面で表示させているデータをメールで添付できます。


iMemoryGraph

こちらは、起動しているプロセス一覧。

この画面でメールボタンをスライドさせると、この画面で表示させているデータをメールで添付できます。


iMemoryGraph

こちらは、無料の画面。メモリ解放と、メール添付ができず、そのかわりに広告が挿入されています。


以上です!

基本的には無料で、追加アドオンも115円という・・・お得感のあるアプリですね!

iMemoryGraph
参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank

オススメ