Push for Gmail: Gmailアカウントに届いたメールをプッシュ通知するアプリ。626

Push for Gmail

iPhoneはGoogleの無料メールサービス「Gmail」との親和性もバツグンだ。しかし残念なのは、受信メールのプッシュ通知に対応していないこと。そこで、Gmailをプッシュ可能にするアプリ(サービス)がいくつか出ている。このPush for Gmailもそのひとつだ。


 Push for Gmail


初回起動時にはまずGmailアカウントの情報を入力する必要がある。「OK:)」をタップして次に進もう。

Push for Gmail Push for Gmail


設定画面の「Mail Account」で、「Account:」にメールアドレス(ほげほげ@gmail.com)、「Password:」にパスワードを入力し、「Activate」をタップ。「Account is Active」と表示されれば、設定完了だ。

Push for Gmail Push for Gmail


Push for Gmailにはブラウザが内蔵されており、Gmailのページに直接ログインしてメールを読むことができる。他にメールアプリを使う、あるいはGmail mobileページをSafariで開く設定も可能だ。ただしメールアプリを使う場合、受信後にメールを開くとなぜか新規メール作成画面が開いてしまう。これはどうやらiPhone SDKの仕様に起因する挙動とのことだ。

Push for Gmail Push for Gmail


プッシュ通知に何を表示するかの設定も可能だ。デフォルトでは「Mail Preview」がオフになっているが、オンにすればメッセージの内容の一部まで通知ウインドウに表示される。絵文字なども問題なく表示されるようだ。

Push for Gmail Push for Gmail


Push for Gmail

プッシュ通知が不要な曜日や時間帯を指定しておけば、就寝中にプッシュ通知で起こされてしまうこともない。


ひとつ残念なのは、単一アカウントにしか対応していないこと。複数のGmailアカウントをプッシュ通知させたい場合には、もうひとつプッシュ通知専用のアカウントを作成してPush for Gmailに登録し、既存のアカウントからプッシュ通知専用アカウントへ受信メールを転送する設定にしておけばOKだ。そのように利用する際の専用設定画面も用意されている。

Push for Gmail Push for Gmail


筆者が試した限りではわからなかったが、App Storeのレビューを見る限りでは、プッシュ通知のタイミングが多少遅延する場合もあるようだ。

また、プッシュ通知を利用するとバッテリーの消耗が早くなるので、注意しておきたい。

 Push for Gmail
参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!