Sokudoku〜速読訓練〜: これは素晴らしい!名作を読みながら速読トレーニングができる!744

appbankです。強力な速読練習アプリSokudoku〜速読訓練〜をご紹介します。

sokudoku
sokudoku


速読のポイント、音読しない、視野を広げる、目の動くスピードアップ等を訓練するためのソフトです。自分がどれだけ読めたかチェックする機能や簡単なゲームも付いています。

収録されているコンテンツはみなさんが知っている名作数点から、青空文庫のコンテンツ、さらに自分のテキストまで追加できるのが良いですね。楽しみの幅が広がります。

個人的にはこれで速読スピードが上がるんじゃないかなと感じました。それでは紹介いきます。

Sokudoku〜速読訓練〜


起動するとこちらの画面。
まずは矢印のボタンをおもむろに押してみましょう。

sokudoku


すると、一行ずつ文章が、断片的に表示されていきます。
上の次に下と、断片的に再生されていきます。

sokudoku
sokudoku


断片的な文章なんですが、話がつづいているようによめますね。
これが速読なのか。確かに意味が通じたまま読んで行ける!

sokudoku
sokudoku


ここで「情報」にある速読のススメを読みます。
速く読むには、音読しない、視野を広げる、眼球の移動速度を上げる。この3つが重要とのこと。基本的な使い方と初心者向けの設定ボタンがありますので、押してみてトライしてみます!

sokudoku
sokudoku


訓練に戻ってみると、断片化されていない文章を一行ずつ表示されて読んで行くモードに切り替わります。
一行の表示間隔は0.80秒、音読している暇はありませんよ。

sokudoku
sokudoku


sokudoku

設定に戻ります。
文字サイズやビューの変更。

さらには訓練のスタイルまで設定できるのですね。最初に試した訓練方法は「上下」になりますね。
同時出現行数を変更できる等、配慮も効いています。


「本選択」で自分の好きなコンテンツを追加することができます。

設定の「本選択」の本棚から読む文章の変更ができます。
それだけではなく、左上の”+”から自分のテキストや、青空文庫の文章を読むことができますよ。

sokudoku
sokudoku sokudoku sokudoku


自分がどこまで進んだか「測定」から実力判定。

普通の文章を読んで実力判定してみましょう。
ストップウォッチを押して、ある程度進んだ時点で一時停止。
自分が毎分毎秒でどれだけ読んでいるか分かりますよ。

sokudoku
sokudoku sokudoku


文字だけじゃない、「眼球訓練ゲーム」!

目の移動スピードを養うためのゲームも用意されています。
左から右へ移動する○が△や□に何度変化したか、数えるのです!

sokudoku
sokudoku


注意を失わないように!

sokudoku
sokudoku


以上です。

世の中には「速く読むべき」情報と「じっくり読むべき」情報があると思います。うまく判別して「貴重な時間」を確保したい。誰もが思うことですよね。

その上で速読とはなんぞや!
ということの神髄を得てはいませんが、朝刊・夕刊のために1日数千のRSSを読み、ビジネス系の新書や How To本なら30分以内で読んでいる私の、速読に対する考え方とは共通点の多いアプリだなと感じました。

Sokudoku〜速読訓練〜
  • 販売会社URL:zuvola.com 
  • 参考価格:230円
  • 教育(Education)
  • 執筆時のバージョン:1.50
▲ 参考になったら押してみよう! ▲
学園ジュブナイル×オンラインTCG『Revolve』


少年探偵・三舟ミナトとなり、仲間とともに謎の怪人「カラス男」を追う学園ジュブナイルものと、1枚で2つの側面を持つカードでデッキを組み戦うオンラインTCGが組み合わさったスタイリッシュTCG、それが『Revolve

事前登録はこちらから▶▶▶ゲームコネクト

AppBank 全力プッシュ!

オススメ