ToriSat: 空を横切る宇宙ステーションを見ることができる。野口さんに手を振ろう!753

このアプリToriSat – Viewing the Intl Space Station
のベータテストに一般から参加したYoshiyasu(@yoshi_yasu)です。

torisat torisat


宇宙ステーションを肉眼で見たことはありますか?
毎日頭の上数百キロを飛んでいるのですが、条件が整わないと肉眼で見ることはできません。逆に言うと、条件さえ整えば誰でも”空に光る宇宙ステーション”を見ることができるのです。

このアプリ「ToriSat」は、宇宙ステーションを見るための支援をしてくれるソフトです。あなたがいる場所で、いつ、空のどのあたりに宇宙ステーションが見えるのかを教えてくれます。

ToriSat - Viewing the Intl Space Station


起動すると、位置情報を使用するかの確認のあと、AR的カメラ画面と情報のオーバーレイが表示されます。

torisat

ここでは、次に宇宙ステーションが見えるときの経路が表示されています。この画面では、約10時間後に宇宙ステーション(ISS)が、黄色い線のとおりに通ることがわかります。この場所からだと、見え始めは木の陰で見えないようですね。でもそのあとは、右上のほうに上っていくのが見えそうです。10時間後の、19時7分にここに来れば、一等星(空で最も明るい)くらいの明るさの光の点が見えることでしょう。


注意:これは、ベータ版のときの画面で最終版とは異なります。

torisat

実際に空をISSが通過中のときの画面はこちらです。

この画面はISSが通過中の時の画面です。(iPhoneの時計がばっちり合っていれば、)まさにこの黄色い二重丸のところに宇宙ステーションの輝点が見えます。
これさえあれば、誰でも宇宙飛行士の野口さんに手を振ることができますね。
紹介の最後に、このとき別のカメラで撮影した画像を載せます。
ISSが見えたら、ISSに乗っている野口さんに、見えたよとツイートしたくなることでしょう。


そんなときにも、ToriSatアプリなら自分のタイムラインをチェックするだけでなく、ツイートもできます。またWorld Timeline画面では、ToriSatを使っている人たちのツイートを見て、感動を共有することも可能です。

torisat torisat


torisat

さて、宇宙ステーションは、ほぼ90分で地球を一周するというとても速い速度で空を通過しています。いまどこの上空を飛んでいるのか気になりませんか? 画面下部のLiveをタップすれば、まさに今、どこを飛んでいるかを見ることができます。


torisat

この画面では、宇宙ステーションではなく、ハッブル宇宙望遠鏡の位置を表示しています。日本の近くを通ることもあるのですね。このように、Live画面では、注目している衛星や宇宙ステーションの今がわかるのです。
注目する衛星の選択は、Settingsから可能です。宇宙ステーションのほか、ハッブル宇宙望遠鏡、NOAA各衛星なども選べます。


最後に、Cameraモードのほかの機能を紹介しましょう。
画面下部のCameraをタップすると、衛星通過シミュレーション画面になりますが、ここで画面右上のLIVEをタップすると、空にあるいろんなものの”今(LIVE)”が見えます。

torisat

情報が見やすいように、カメラの前を覆っています。
ここでは、地球上のいろんな都市、代表的な星がどっちの方向にあるかがわかります。それに、宇宙ステーションの位置も見えますね。
iPhoneをぐるぐるまわせば、たくさんのものを見つけることができるでしょう。
その中に、”はやぶさ”がみつけられるでしょうか。そのはやぶさをタップすると、、、


torisat

はやぶさの情報が表示されました。こんな風に、はやぶさの説明や今の地球からの距離!なども見ることができます。


上記のISS通過時に撮った写真を紹介しておきましょう。

torisat

ガイドの正確さがわかっていただけるかと思います。


ToriSatまとめ:
実際に空を横切る宇宙ステーションの軌跡を見ると、感動しますよ。自分も、このアプリで家族と一緒に見ましたが、「また見たーい」とコメントしていました。

だれでも簡単に宇宙ステーションを見ることができるToriSatを使って、あなたも空を見上げてみませんか。
このアプリがあれば、職場の近くでビルが多くても、今日の通過ならあのビルの隙間から見えるな、なんてことが事前にわかります。

ToriSat補足:
宇宙ステーションや人口衛星は、自ら光っていません。地上から見える条件がそろわないと、輝点には見えません。宇宙ステーションに光が当たっていて、観測するがわの空が暗いときが、良く見えるときです。宇宙ステーションは地上400kmくらいを飛んでいるので、この条件がそろうのは日の出直前と、日の入り直後だけです。衛星の軌道との関係によって、数週間見られないこともありますし、連日見えることもあります。

また、軌道は常に調整されているので、あまり先のことまでは予想ができません。ToriSatでは、1週間を目安に表示をしています。

ToriSat - Viewing the Intl Space Station
  • 販売会社URL:ToriSat FAQ
  • 参考価格:350円
  • 教育(Education)
  • 執筆時のバージョン:1.2
参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!