SwankoLab: リアル暗室で薬品調合!オシャレで小粋な写真加工アプリ!871

レンズにフィルムにフラッシュを取り替えができる私の一番好きなカメラアプリHipstamaticの作者の第2弾はSwankoLab 、薬品調合までして写真を加工できる暗室アプリです!これまためちゃんこ楽しい!!

SwankoLab
SwankoLab

ただの画像加工アプリのはずなのに、薄暗い暗室にて、薬品をわざわざポタポタたらし、トレイを右へ左へと振り、作り上がった写真。そのプロセス、仕上がりともに面白い。

一つずつ処理を味わえるから、わざわざ手をかけるというところが良いんです。
カメラや写真に興味はあるんだけども、、、という方こそ遊んでみて欲しい素晴らしいアプリだと思います。

参考
Hipstamatic: 最高に心踊るトイカメラアプリ。パーツの交換が楽しすぎる!使い方説明。1988


SwankoLab


SwankoLab iPhone Application


起動、するとこのような場所に。説明らしき張り紙があります。
すでに処理する写真は選択してあります(ピン位置タップで選択)。

上矢印、薬品を選びましょう。
右下矢印、レバーをタップすると始めます!
左下矢印、もしくは調合を選びましょう(下タブバーのFアイコン)

SwankoLab
SwankoLab


それでは上から薬品を選び、タップします。
こちらは暖かくて焼けたような処理とのこと。ちゃぷちゃぷちゃぷちゃぷ。。。(本当に音がなります!)

SwankoLab
SwankoLab


上の棚をスライドすると化学薬品の切り替えです。
シリンダーがいっぱいになるまではミックスすることは可能です。
それなりに準備ができたら右下の “OK”レバータップで処理開始。

SwankoLab
SwankoLab


おおートレイの中だ!iPhone を動かすと写真も動く!
移動した分だけ動くタイマーとともに、絵が浮かび上がってきたぞ!!

SwankoLab
SwankoLab


でた!ぽたぽたって音が聞こえてきそうです!
下のアイコンタップで、調合(formula)のメモや写真の保存、メール、削除等が可能です。
もちろん、スライドで過去の写真を見たり、写真タップで大きくして見ることもできますよ。

SwankoLab
SwankoLab
SwankoLab
SwankoLab
SwankoLab
SwankoLab


調合場所に戻ります。薬品がまだ残っていっぱいですね。捨てる時はトレイをタップで”Empty Tray”です!

SwankoLab
SwankoLab


SwankoLab

これまでの調合メモを残したものは調合場所左下の “F” アイコンタップから確認できます。

作者氏のサイトには「どんな調合をすればいいかって?まずはこちらのお手本調合を見ることさ」のようなことが書いてありましたよ。


SwankoLabs は、Hipstamatic よろしく追加で薬品購入できます!

ということで、薬品を追加購入します。画面タップで買えるはずなのですが、私はうまくいかなかったので下にある “Restore Purchases”を一度行ってから購入しました。

SwankoLab


ということで、新しい薬品をつかっていくつか処理してみましたよ。
どれも味わい深いと思いませんか?エッジを暗くする薬品というのもありました。

SwankoLab
SwankoLab
SwankoLab
SwankoLab
SwankoLab
SwankoLab


SwankoLab

最後に Hipstamatic 同様 iPhone の設定からさらに高品質の写真吐き出し設定や、このアプリの雰囲気たっぷりSEのON/OFF きりかえが可能です!

いかがでしたか?
Hipstamatic 同様、とっても楽しいアプリですよ。

わたし自身が移動の少ないライフスタイルのため、瞬間を切り取って楽しむカメラアプリ Hipstamatic よりは、撮りだめした写真をゆっくりとまとめて楽しめる Swanko Labs のほうが合ってるなぁと感じてます。写真が浮かび上がってくる瞬間がたまらんのです!


参考
Hipstamatic: 最高に心踊るトイカメラアプリ。パーツの交換が楽しすぎる!使い方説明。1988


SwankoLab
  • 販売会社URL:SwankoLab – Support
  • 参考価格:230円
  • 写真(Photography)
  • 執筆時のバージョン:1.0
参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!