aniQuoma: 写真はアニコマでキメゴマにしちゃおう!1465

aniQuoma
aniQuoma


この記事はこのアプリの開発者様からの寄稿です。

ひげもじゃです。

aniQuomaは撮った写真にイラスト風なエフェクトをかけることだけに特化したアプリです!
何気なく撮影した風景写真も、魂の入った1枚も。aniQuomaを使ってもうひとつの表情を楽しんでください!

それでは早速紹介いたします。


aniQuoma


aniQuoma

アプリを起動し、スプラッシュ画面の後に「フォトライブラリを使う」か「カメラを起動する」か聞かれます。


aniQuoma

今回はフォトライブラリから、夏に撮ったひまわりの写真を使ってみます。
写真をロードすると処理が始まり・・・


aniQuoma

イラスト風に加工された写真が表示されます!


aniQuoma

画面下のツールバー、三角定規のアイコンをタッチすると、4つのコントローラーが現れます。
上から、
・写真の細いエッジを調整するコントローラ
・影や太いストロークを調整するコントローラ
・コントラストを調整するコントローラ
・明るさを調整するコントローラ
を「slide here」と描かれたエリアを横にスライドすることで調整します。
ちょっとやりすぎなくらい思い切ったエフェクトを掛けてみましょう!


aniQuoma

画面下のツールバー、真ん中のステッキと☆のアイコンをタッチすると、画面中央に3つのアイコンが現れます。
左から、
・メッシュ効果
・塗りのぼかし(デフォルト)
・集中線効果
を選べます。


aniQuoma

メッシュアイコンをタッチすると画面全体にメッシュがかかります。
とても涼しげになりました!


aniQuoma

集中線アイコンをタッチすると「touch anywhere」という表示とともに集中線が中央に向かって引かれます。集中線で強調したい箇所をタッチして迫力をつけてみましょう。物撮りした写真にいいかもしれませんね。


aniQuoma

白、赤、緑のコントラストの強い薔薇の写真も・・・


aniQuoma

メッシュを掛けて暗めに設定。薔薇の影が綺麗に出て落ち着いた感じになりました。


aniQuoma

部屋で撮ったすこーし暗めの写真も・・・


aniQuoma

明るさを上げて、鏡の中に集中線の中心をおきました。
ねこ大好き!


aniQuoma

もちろんtwitpic/twitterへ画像のアップロード機能も備えています。
ツールバー、歯車のアイコンをタッチするとtwitterの設定画面が上がってきます。
twitter apps >
をタッチすると・・・


aniQuoma

twitterクライアントアプリ連携は人気の7つから選べます。


aniQuoma

作った写真は、ツールバー1番右の緑のチェックアイコンをタッチして
・フォトライブラリに保存
・メール添付して送信
・twitpicへ送信
・twitpic送信後、twitterクライアントアプリを起動
から選んで共有出来ます!


この風景にはどんな効果がつけられるかな?あの人の写真もいじってみちゃおう!なんてことを考えて、写真を取るのがとても楽しくなるaniQuoma。
iPhoneフォトライフに彩りを!

[from higemoja (higemoja) on Twitter] [blog mojalog]

※寄稿したい方はこちら:iPhoneアプリの紹介記事の一般募集について


aniQuoma
  • 販売会社URL:mojalog
  • 参考価格:115円
  • 写真(Photography)
  • 執筆時のバージョン:10
参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank

オススメ