[iPad, iPhone] Portfolio To Go: Flickr専用のフォトフレームアプリ。無料。1517

Flickr専用のフォトフレームとしての利用がベスト。さらに、写真家の方がFlickr上のポートフォリオを手軽に紹介できるアプリ、 Portfolio To Goをご紹介。

portfoliotogo - 1


Portfolio To Goは、Flickrにアップロードしてある写真を閲覧するためのアプリです。

本来の利用方法は、写真家の方がポートフォリオを手軽に紹介すること(App Store説明文より)ですが、使い込んでみた感想としては、より「Flickr専用のフォトフレーム」に近いと感じましました。

Fortfolio To Goでは一度写真を表示させると、写真データがキャッシュされます。そのため、次からはインターネットにつながっていなくても写真を紹介できます。ただし、閲覧できるのは「公開されて」おり、かつ「Sets(セット)」に入っている写真です。それでは早速ご紹介!


 Portfolio To Go

portfoliotogo - 1

起動したらまず、自分のFlickr IDを入力します。

パスワードは入力しません(できません)。

ゆえに、公開されている写真のみ閲覧が可能です。


こちらが写真を表示している画面です。三枝こころさん!色々ボタンがありますが、ほとんどは使わないボタン(App Storeへのリンクなど)です。使えるのはまず、画面下部の「前に戻る」「再生」「次に進む」ボタンです。

portfoliotogo - 1


左上にある「Gallaries」をタップで、閲覧するSetsを変更することが出来ます。なお、縦長の写真は、iPadを縦にしなければきちんと写りません。。(App Storeによると、近日中のバージョンアップで改善されるようです)

portfoliotogo - 1


縦はこんな感じ。

portfoliotogo - 1
portfoliotogo - 1


ちなみにiPhoneでもバッチリ使えますよ!

portfoliotogo - 1
portfoliotogo - 1


以上です!

App Storeをみると改善版が近々公開されるようです。まだまだなところが多いアプリですが、無料ですし、改善を期待しつつ、Flickrユーザーはお試しするのがよいのではないでしょうか?

参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank

オススメ