JamTrack: ドラム、ピアノ、ベース、ギター、ブラスで、簡単にさくっと作曲ができるシーケンサー。1895

ぱぱっとタッチするだけで作曲ができる、とても使いやすいシーケンサーアプリ、JamTrackをご紹介します。

JamTrack(fusoku


登録されている音は全部で5つ。ドラム、ピアノ、ベース、ギター、ブラス。最大3オクターブの音を指定できます。

コードアシスト機能も便利。音をタッチしてから「CHORD TRIAD/CHORD MINOR」をタッチすると、トライアドコード/マイナーコードが自動的に追加されます。

テンポの変更や、各トラックの音量、そして曲の長さの変更も可能です。それでは動画と共に、使い方を説明していきます。


JamTrack

起動すると、マトリックスが表示されました。ここをタップしていくことで、音を配置することが出来ます。右上に「DrumKit」と書いてありますので、ここではドラムの作曲をしているところです。

JamTrack(fusoku


こんな感じですね。右下の再生ボタンをタップし、鳴っている音を確認しています。

JamTrack(fusoku


こちらはBrassGuitar。

JamTrack(fusoku


今度はPiano。ここで、画面下部にあるボタン「CHORD TRIAD」をタップしてみましょう。

JamTrack(fusoku


トライアドコードが自動的に挿入されました!便利な機能ですね。

JamTrack(fusoku


今度は「CHORD MINOR」を選択してみます。

JamTrack(fusoku


マイナーコード!

JamTrack(fusoku


設定画面がこちら。画面上部でBPM。左画面で譜面の長さ。

JamTrack(fusoku


ミキサーも付いています。

JamTrack(fusoku


気に入った曲が出来たら保存しましょう!!

JamTrack(fusoku


以上です!

私、音楽はさっぱりなのですが、その私でも簡単に使うことが出来ました。シンセサイザー系のアプリでも、恐らく最も使いやすいアプリのひとつでしょう。気になった方、ぜひチェックしてみてください。


JamTrack
参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
▼アプリランキング情報
おすすめの音楽聴き放題サービスアプリランキング