Downloads: ウェブページ、YouTube動画などのダウンロードツール。パスワード設定付き!2224

downloads
downloads


なんだかダウンロード系アプリ、久しぶりですね。
ただいま、AppStore有料ランキング1位!Downloadsをご紹介しましょう。

アプリの正式名称は「Downloads – Browse, Download, View and Share Files!」。長い!

ウェブページのダウンロード、画像のダウンロード、YouTube動画のダウンロードなどが可能です。
さらに、アプリ自体にパスワードをかけたり、ファイル管理はフォルダを作成して自分なりに管理できたりと優秀ですね。


Downloads


downloads

まずはアプリを起動。

最初、googleが開きます。

設定画面から最初に開くページを設定できます。


AppBankへ行ってみました。
まずはウェブページをダウンロードしてみましょうか?
画面下部のメニューの「メールを送信」的なアイコンありますよね。それをタップすると保存メニューがでてきます。

downloads
downloads


downloads

どこのフォルダに保存するか決めて保存です。

簡単ですね。


また、ウェブページを見ていて、個別の画像を保存したい場合は、保存したい画像を長押しすると保存メニューが出てきます。
kazuendの愛犬、クックさんの画像をダウンロードできました。

downloads
downloads


画面下部メニューで、Filesというメニューがあるのですがそこから保存したファイルを見ることができます。
下記、右の画面は保存されたAppBankのhtml。

downloads
downloads


downloads

またフォルダの編集メニューから、ファイルの削除、フォルダ作成、フォルダ移動が可能です。


次にYouTube動画のダウンロードをしてみましょうか。
AppBankVideoからダウンロードしてみます。

まず、注意点ですがYouTubeを開いた際に動画個別のページがあると思うのですが、そこからだと動画ファイルはダウンロードできません。
私はここでつまづいてしまいました。
ダウンロードメニューは出るのですが、ここでダウンロードできるのはhtmlです。動画はダウンロードされません。

downloads
downloads


YouTubeのダウンロードはここからできます。
YouTubeで検索をかけて、検索結果一覧が出ると思うのですが、そこからタイトルを長押しです。
ダウンロードメニューが出てきてダウンロードを選択すると動画自体のダウンロードが始まります。

downloads
downloads


Chaos Ringsの動画とツイキャスのオープニングムービーをダウンロードしてみました。

downloads
downloads


Filesから動画を選択すると動画を閲覧することができました!

downloads
downloads


downloads

さて、優秀な設定ページへ行ってみましょう。


downloads

まず一番上のFile Sharingからはブラウザ経由でファイルを直接アプリに入れることができる機能です。

オンにするとアドレスが表示されるのでそこにPC/Macでアクセス。

入れたいファイルを入れましょう。


downloads

また、個人的にやはり嬉しい機能がこちら。

パスワードロックをかけれる機能です。

これがあるかないかでかなり違いますよね。

気になる方は、お試しください!


Downloads
参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)

オススメ