超名刺 Business Card Manager: 整理不要。Evernote連携の簡単名刺管理アプリ。2369

超名刺

この記事はこのアプリの開発会社様からの寄稿です。

ソースネクストです。

8月7日に「超名刺 Business Card Manager」という名刺管理のアプリをリリースしました。

「超名刺」とは、iPhoneについているカメラで名刺の写真を撮るだけで簡単に名刺を管理できるアプリです。

Evernoteと連携しているので、面倒な文字入力をしなくても、文字認識(OCR)処理が行なわれ、探したい名刺を簡単に検索できます。


超名刺 Business Card Manager


超名刺

名刺をカメラで撮影し管理します。


超名刺


1件ごとの登録だけでなく、複数の名刺を連続撮影し一時保存しておけるので、好きな時間に名刺整理ができます。

超名刺
超名刺


「Evernote」のアカウントをお持ちの方は自動同期機能を使うことで名刺データを「Evernote」サーバ内の指定ノートブックと同期させることができます。
「Evernote」上では自動的に文字認識(OCR)処理が行なわれます。
名刺検索は、アプリケーション内と「Evernote」上を同時に検索するため、名刺データ登録の際、名前や社名、電話番号の入力をしなくても、該当する名刺をシームレスに検索することができます。

「Evernote」との同期機能を使って、スキャナなどで取り込んだ名刺画像をまとめて同期することも可能です。
パソコン用のEvernoteクライアントから指定のノートブックに新規の名刺画像をアップロードすると、同期時に「超名刺」内に未整理の写真としてダウンロードされます。

「超名刺」では1つの名刺を複数のグループに所属させられるタグ形式のグループ管理ができます。
サムネール表示で複数の名刺を指定することで、まとめて複数のグループ指定を行なえます。

超名刺
超名刺


「超名刺」がインストールされたiPhone同士で名刺交換の動作をすると、指定した「マイ名刺」を交換することができます。

超名刺
超名刺


名刺の交換はBluetoothを通じて行なわれるので、オフライン時でも安全に個人情報を交換することができます。

超名刺


登録した名刺は、iPhone標準の「写真」の「カメラロール」ようにサムネイル表示され、すばやく確認できます。ピンチズームで1列に1枚〜4枚まで表示を切り替えられます。

超名刺
超名刺


超名刺

1人のデータに複数の写真を登録できるので、名刺の表裏、複数の名刺、顔写真なども同時に管理できます。


人気のソーシャルネットワークサービスTwitter、Facebook、mixiのアカウントの登録ができ、1クリックで各サービスのプロフィールページが開けます。
複数のURLやメールアドレスの登録など、自由にフィールドを追加することができます。

超名刺
超名刺


データ項目に文字入力されていなくても、名刺画像をズーム表示しながら電話番号・メールアドレス・住所・URLの確認とアクセスができます。
アクセスの際入力したデータは自動的に登録され、次回からは1ボタンでアクセス可能です。
また良く使う項目を登録でき、素早い連絡・確認に便利です。 

超名刺
超名刺


本アプリケーションに入力した名刺情報は、iPhoneの「連絡先」に1ボタンで全件登録することができます。

名刺画像はすべてiPhone内に保存されるため、インターネットが利用できない環境でも「Evernote」上での検索を除くすべての機能を素早く利用できます。

「超名刺 Bisiness Card Manager」は、無料版と有料版(350円)の2ラインアップがあります。
(無料版は、登録できる名刺が30枚までですが、機能は有料版と同様です。)

非常に使いやすいアプリです。
無料版もあるので、ぜひ気軽にお試しください。

[from ソースネクスト -ソフトでワクワク]

※寄稿したい方はこちら:iPhoneアプリの紹介記事の一般募集について


超名刺 Business Card Manager
参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank

オススメ