仙台グルメ紀行: 落ち着いた大人達が語らう、素晴らしき『食』と『おしゃべり』のひと時。あなたの、胃袋とお耳をしばらくお借りします。

仙台食い倒れ


杜の都仙台に降り立ったワンランク上の大人達3人。@appbank@kararemichi@loop99、そして、この写真の撮影者である@kazuend。この4人が繰り広げた『食』に対する至高の発言を皆様にお伝えいたします。どうも、1年半以上ぶりにお目にかかります。Project Yです。

AppBank ジャパンツアー2010の裏番組として認知されている全国各地でのグルメレポート、今回はツイキャスでの生放送も無く、行われていないのではと思われた方もいらっしゃるかと。

しかし、そこは東北最大の都市といわれる仙台。行われていないはずがありません。ただし、今回のメンバーは酸いも甘いも嗅ぎ分けた大人達4人。インパクトと勢いのフードファイトではなく、『食』と共に落ち着いた大人達の『トーク』が繰り広げられました。その一部を抜粋して皆様に紹介させていただきたいと思います。


まず一軒目は、仙台平禄寿司です。さすが至高の大人達、平禄の前で貫禄ですね。

仙台食い倒れ


至高達の発言「ギョ、ギョ」
さすがの至高もいきなりの新鮮魚介の登場に驚かれたご様子。

仙台食い倒れ


店内に入り、全員着席。ひと時の沈黙が流れます。
しかし、寿司を目の前に至高達のボルテージが一気にヒートアップ。

仙台食い倒れ


至高の発言「いきなりえんがわ食べてもえーんがわ。」

仙台食い倒れ


至高の発言「ほやほやしないでさっさと食べるぞ。」

仙台食い倒れ


至高の発言「いやいや、ぼやぼやなんかしてない。トロトロしたただけ。」

仙台食い倒れ


至高の発言「マヨってんだったら、まずこれを食え。」

仙台食い倒れ


至高の発言「違うよ、タマタマだから。タマタマ」

仙台食い倒れ


至高の発言「何が入ってるか気になるからって、箸で崩してしラーメンなって!」

仙台食い倒れ


まさに、怒涛。
その場の空気が一瞬にして変わり、店内は大人のムード一色に。至高の影響力は一軒の寿司屋を軽く飲み込んでしまいました。
さらに、続けざまに。

至高の発言「ほんとにみんな、おいしい寿司がズワイガニぃ」

私の様な若輩者には、未だにこの発言が何を意図しているものなのか全く。

そして、至高達は店員さんを呼びおもむろにメニューの「いくら」の項目を指差し会計を行うのでありました。

仙台食い倒れ


満足な至高達。

二軒目は、牛たん炭焼利久

仙台食い倒れ


至高達の笑顔とは裏腹にこの写真を撮った直後、この店舗がまだ準備中である事が判明。仙台駅構内にある利久へ移動。

仙台食い倒れ


至高達は事前の情報収集に余念がありません。

仙台食い倒れ


店内に入るとそこはまさに牛たん天国。

仙台食い倒れ


仙台食い倒れ


至高達からも怒涛のコメント嵐が。

至高の発言「みんなタンタンと食べるね。」

至高の発言「この味はセンダイから守り続けてるらしいよ。」

至高の発言「さすが、ダテじゃないね。」

至高の発言「やっぱり、味がしっかりしテール。」

至高の発言「食った食った。腹がギュウギュウだ。」

もう、聞いてるこちらもお腹いっぱいです。
至高達の大人な会話は、時を忘れてこの後も延々と続くのでありました。

最後に牛たんと共に撮られた至高の写真をどうぞ。

仙台食い倒れ


参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank

オススメ