SmartMan: 体重を記録するためのシンプルなアプリ。単純操作で体重記録!3153

SmartMan
SmartMan


この記事はこのアプリの開発者様からの寄稿です。

こんにちは。本アプリを製作した、HANAKU SPACEです。

前回の紹介して頂い「MemoryMan( MemoryMan: 画面を切り替えずにメモ内容を確認。素早くメモ!素早く確認!2778 )」に続き、今回は体重記録アプリ「SmartMan」をご紹介させて頂きます。


SmartMan


SmartMan

まずは初期設定。
ここまで減らし(増やし)たい! という目標とする「目標体重」と「身長」をセットしてください。


SmartMan

一番左側、「データ入力」タブでデータを入力、編集を行うことができます。
リストは左から「日付」「体重」「体脂肪率」「内蔵脂肪レベル」の順に表示されます。


ナビゲーションバーの左側、三本線のボタンで月別データの一覧を、右側の+ボタンでデータ入力画面を呼び出します。
データの入力はデータピッカーで日付を指定して、体重を入力すると……

SmartMan
SmartMan


SmartMan

目標体重までの差と、理想体重、理想体重までの差、BMI値が自動的に算出されて表示されます。
体重の入力は必須ですが、体脂肪率、内蔵脂肪レベルは入力しなくても構いません。


SmartMan

体重の入力がなかったり、日付で指定したデータがすでにある場合はエラーがでちゃうので気をつけてください。


続いて真ん中の「グラフ」タブです。
名前の通り、グラフを表示してくれます。一ヶ月、三ヶ月、半年、一年ごとに「体重」「体脂肪率」「体内脂肪レベル」別に確認することができます。
左右の矢印ボタンで表示する月を遡ることもできますので、ダイエットの成果を見返してみてください。
「データ入力」タブではなかった青い色の線は目標体重です。このラインに達したらダイエット成功ですね。
その他のグラフの色は一覧表示のアイコンの色に対応していますので、直感的にわかるんじゃないかと思います。

SmartMan
SmartMan


残った「設定」タブはさきほど初期設定を行ったタブです。
「目標体重」と「身長」の数値を変更する他に、パスワードを設定することができます。
4桁の数字を入力して保存ボタンを押すだけで起動するたびにパスワード入力を求められます。
これで、人に見られることなく安心して体重入力することができます。
パスワードを解除するさいには「パスワードを非設定にする」ボタンを押すだけです。

SmartMan
SmartMan


SmartMan

最後にバックアップの方法を紹介したいと思います。
iTunesのデバイスのAppタブの下の方にあるファイル共有からデータのバックアップをとることができます。
SmartManの中の「SmartMan.sqlite」がバックアップデータになります。
「SmartMan.sqlite」を保存しておけばアプリの再インストール時などに簡単にデータを復旧させることができます。


ダイエット記録をとり続けるために必要な機能をスマートにチョイスして作ったSmartManでみなさんも是非スマートになってください。

[from HANKAKU SPACE – creat and design for web]

※寄稿したい方はこちら:iPhoneアプリの紹介記事の一般募集について


SmartMan
参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!