Camera Epion with GPS: 絵や文字を描いて、スタンプしてから写真が撮影できる。これは新しいぞ!3155

Camera Epion with GPS
Camera Epion with GPS


撮影後に絵を描いてスタンプできるアプリは数あれど、このCamera Epion with GPSは、撮影する前に被写体を映しながらスタンプや絵を描き込めます。

さらに位置情報を基に写真を共有する機能も搭載。
また、周辺3km以内で撮影された写真を検索する機能もあります。

写真にデコレーションを施すだけでなく、簡単なメモとしても使えそうです。

詳しくご紹介します。


Camera Epion with GPS

Camera Epion with GPS

セルフタイマー撮影が行えます。

iPhone 4ではフラッシュ・フロントカメラに対応。

さらに最大20倍のデジタルズームを搭載。

日付を印字することもできます。


Camera Epion with GPS

「描く」をタップするとメニューが表示されます。

様々な色・太さの線が手書きできます。

スタンプの種類はおよそ70種類。

簡単なメモを撮るのにも良い感じです。


Camera Epion with GPS

撮影する前から線を描いたり、スタンプを押せたりできるのがこのアプリ最大の特徴。

スタンプや線を書いてから構図を決めます。


Camera Epion with GPS

スタンプを押して、文字を描いてみました。

スタンプの押し具合はレスポンスもよく、思った通りの場所に押せます。

ただ、ゆっくり描いているにも関わらず、線が途切れてしまう事が多かったです。

ここはアップデートでの改善に期待です。


Camera Epion with GPS

iPhoneを横に傾けるとスタンプも回転。

自由に回転させてスタンプが押せます。


横長の写真も撮影できます。

Camera Epion with GPS


Camera Epion with GPS

「補正」では写真の明度・コントラスト・鮮やかさなどが編集できます。

ガンマ補正やモザイクもかけられます。

こちらはリアルタイムに反映されません。

逐一結果が反映されるサンプルを見ながら修正していきます。


Camera Epion with GPS

スタンプや線には設定は反映されません。

写真に対してのみ設定が反映されます。


写真を共有する

Camera Epion with GPS

「共有化してもいいですか?」

これは撮影後に毎回尋ねられます。

共有化すると撮影地の3km圏内にいる他のユーザーが写真を見られるようになります。

観光地などで共有化が広まると、様々な季節の写真を楽しめますね。

自宅で撮影した写真を共有すると、場所が分かってしまう可能性があるので要注意です。


撮影地の周辺3kmに入らないと写真が見つけられない共有機能は面白いですね。
もっとCamera Epion with GPSが広まると新たな使い方も見つけられそうです。


Camera Epion with GPS
  • 販売会社URL:Camera Epion with GPS
  • 参考価格:230円
  • 写真(Photography)
  • 執筆時のバージョン: 1.1.0
参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!