SnoozeTimer: 2度寝、3度寝をしたいアナタやギリギリまで寝たいアナタに!5度寝まで大丈夫!3232

SnoozeTimer

この記事はこのアプリの開発者様からの寄稿です。

うたた寝や昼寝などに使ってもらえるかなと作成したのがこのSnoozerTimerです。

最大99時間59分までタイマー時間を設定できます。
入力した時間の終了時に1回目のアラームが鳴り、以降IntervalMinutesに入力した時間間隔でアラームが鳴ります(スヌーズ機能で最大5回鳴ります)

なお、何回目のスヌーズなのか表示されます。



SnoozerTimer


プレイ動画はこちら


SnoozeTimer

初期画面です。
タイマー時間やIntervalMinutesをタッチ後に数字キーで入力します。


SnoozeTimer

「Start」をタッチするとタイマーが起動します。その際にActivityIndicatorが回ります。
なお「Stop/Clear」ボタンはタイマー稼働中に1回タッチすると一時停止、そのままもう一回タッチすると入力内容がクリアされます。


SnoozeTimer

タイマー時間がゼロになるとアラームが鳴ります。アラームを止めるには「Stop/Clear」を1回タッチします。2回タッチで終了です。
タイマー時間の終了で、ActivityIndicatorはIntervalMinutesの左側に表示されます。


IntervalMinutesの間隔ごとにアラームが鳴って、何回目なのかが表示されます。アラームは「Stop/Clear」で止めます。
5回目が鳴ったら終了です。

SnoozeTimer
SnoozeTimer


タイマー時間を入力して「Start」をタッチすると「ALARM TIME」欄にアラーム起動予定時刻が表示されます。これはスタートさせる前に「ALARM TIME」をタッチしても予定時刻が表示されます(タイマーはスタートしません)

SnoozeTimer
SnoozeTimer


今後はバージョンアップでバックグラウンド動作に対応する予定です。

[from 5度寝まで大丈夫]

※寄稿したい方はこちら:iPhoneアプリの紹介記事の一般募集について


SnoozerTimer
  • 販売会社URL: Macoco.app SupportSite
  • 参考価格: 115円
  • ユーティリティ(Utilities)
  • 執筆時のバージョン: 1.0
参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!