[iPad] DisplayPad: iPadを2つ目のディスプレイに!手順が簡単過ぎる!Mac限定。3380

DisplayPad - 1


iPadを、2つ目のディスプレイにできるアプリ、DisplayPadをご紹介します!

もちろん3つ目のディスプレイにしてもOK。iPadを横で使っても、縦で使ってもOKです。画面を指で触ってマウスとして使うことも可能。ダブルクリックやドラッグ&ドロップもできます。

ただし、Mac限定なので、Windowsでは利用することが出来ません。ご注意下さい!

それでは設定方法と利用シーンをご紹介します!


DisplayPad

アプリを起動すると、以下の画面が表示されます。指示にある通り、まずはhttp://cleancutcode.com/displaypad/にアクセスしましょう。

DisplayPad - 1


右下にある「Download the Display Pad Mac App」をクリックして、ソフトウェアをダウンロードしてください。

DisplayPad - 1


ダウンロードしたら、早速Installです。Installが終わったら、Macを再起動します。

DisplayPad - 1


すると、メニューバーに新しい項目が表示されます。そこにマウスをドラッグすると、以下の画面が表示されます。

DisplayPad - 1


画面内に「Searching…」と表示されている部分があるのはわかりますか?ここに、自分のiPadの名前が表示されるのを待ちましょう。そして表示されたらその名前をクリック!すると・・・

iPadの画面がパッと切り替わり、Macの画面が表示されます!おおー!!マウスポインタをiPadの画面内に移動させても、画面をタップしても、画面操作は可能です。

DisplayPad - 1


動きは若干カクカク。素早い作業をiPad上のディスプレイで行うのは無理かと思います。一方で、iTunesを起動させておいたり、Twitterクライアントを表示させておくのは全然OKだと思いました。

DisplayPad - 1


縦で使ってみてもいいかもしれませんね!

DisplayPad - 1


以上です!

こんなに簡単に外部ディスプレイとして使えるのかー!!と、かなり感心しました。設定に要した時間はものの数分。ぜひお試しください。


DisplayPad
  • 販売会社URL:Clean Cut Code – Support
  • 参考価格:115円
  • ユーティリティ(Utilities)
  • 執筆時のバージョン: 1.0
参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank

オススメ