MotionX GPS: 地図をあらかじめダウンロードしておけるGPSロガー。定期的に現在地をメールできます!3494

MotionX GPS
MotionX GPS


MotionX GPSは位置情報を利用して移動距離や速度などを計測。足跡も記録します。
さらに地図は道路地図・衛星写真の他、地形図や海図まで利用できます!

また、記録時に移動した距離や速度、記録開始からの時間を読み上げて知らせてくれる機能も!イヤホンで音楽を聴きながら散歩・ジョギングする時に便利です。

そのほかには圏外でも地図が見られるように事前にダウンロードできる機能や、現在位置から目的地までの方向と距離を表示できたりと、登山などのアウトドアで求められるハードな要求にもしっかり応えています。

詳しくご紹介します。


MotionX GPS

MotionX GPS

もうこの画面だけで圧倒されます。

ものすごい機能の数です。

まずはGPSロガーのメイン機能「Tracks」からご紹介します。


Tracks – 「移動」を記録する

MotionX GPS

「Tracks」は定期的に位置情報を取得して歩いたり、通ったりした経路を記録します。

平均移動速度や距離・高度が分かります。

記録中は5分に1回、音声で移動速度と距離を読み上げてお知らせします。

また、記録中にカメラで写真を撮影すると…


MotionX GPS

撮影したポイントの上にピンが刺さります。

また、「Tracks」を記録し始めた地点には「Start」というピンが刺さり、記録を終えた地点には「End」というピンが刺さります。

写真の記録も同時に行えるのは便利ですね!


左:記録したデータはあとから確認できます。
右:データは数値で見れる他、グラフでも見ることができます。

MotionX GPS
MotionX GPS


MotionX GPS

記録したデータは地図の上に表示させることも可能です。

オレンジ色の線で足跡が表示されるので、どこをどのように歩いたのかが分かります。

散歩・ドライブ・登山・サイクリングの記録を残すのに便利ですね。


Waypoints – 「場所」を記録する

MotionX GPS

「Mark Wypt」ボタンをタップすることで現在地を記録します。

「Lat」は緯度、「Lon」は経度です。

「Tracks」が線で移動を記録するなら、「Waypoints」は点で場所を記録します。

記録した地点は地図上に「Waypoint 001」というように表示されます。


MotionX GPS

「Tracks」と同じように、記録したデータはアプリ内で確認できます。

あとから「Waypoint」の場所を正確なものに直すこともできます。


Share – 現在地を共有する

MotionX GPS

現在地の情報をFacebookやTwitter、あるいはメールアドレスに送信します。

また、移動を記録した「Tracks」もFacebook/Twitter/メールで共有できます。

メールアドレスは複数指定ができ、仲間と合流する際に役立ちそうです!


Search – 様々な場所を検索する

MotionX GPS

9つの方法で場所を検索できます。

例えば住所・「Waypoints」で記録した位置から地図上にピンを刺して表示します。

さらにWikipediaから周辺の施設や場所に関係する記事を検索することも可能!


MotionX GPS

検索した場所のデータを活用してナビゲーションに利用することもできます。

先ほどご紹介した住所・「Waypoint」を目的地にして、現在地からどの方向に進めば良いのかを教えてくれます。

この画面は緯度・経度を直接設定して目的地を指定しているところ。


MotionX GPS

現在地から目的地に対して緑色の線が直線上に引かれます。

残念ながらカーナビのように右左折・直進を指示する機能はありません。

あくまで方向を示してくれるだけです。


Map Downloads – 地図をダウンロードする

MotionX GPS

圏外の地域に行く場合や、3G回線をオフにして稼働時間を延ばしたい場合、あらかじめ地図をiPhoneにダウンロードしておくと便利です。

MotionX GPSでは3種類の地図がダウンロードできます。

「MotionX Road」は道路地図、「MotionX Terrain」は地形図、「NOAA Marine」は海図です。ちなみにNOAAは米国海洋大気圏局の略です。


左:ダウンロードする範囲を指定します。範囲が広いとデータ量も増えます。
右:範囲指定は円だけでなく、縦長・横長に指定することもできます。

MotionX GPS
MotionX GPS


MotionX GPS

さらにダウンロードする地図が、どこまで拡大・縮小可能にするかを指定します。

「Min Zoom」が1で「Max Zoom」で18だと最大限の拡大・縮小が可能です。

「Min Zoom」と「Max Zoom」の数値の差が広ければ広いほどデータ量は増えます。


Map – 現在位置を地図で見る

MotionX GPS

地図は4種類から選べます。

他にはない地形図や海図まであります!

さらに道路地図などについてはMotionX/Bing/Googleと3つの地図サービスから、どのデータを表示させるか、選ぶこともできます。

MotionXやBingに比べるとGoogleマップで利用できる機能は限定的です。


Settings – 使いやすく設定する

左:設定項目も豊富です。特に重要な設定項目をご紹介します。
右:定期的に現在位置をFacebook/Twitter/メールで共有する機能。標準ではオフ。

MotionX GPS
MotionX GPS


左:「Track」の記録状況を教えてくれる読み上げ音声の調整もできます。
右:位置の測定はGPS・Wi-Fiを使った三角測量・手動モードの3つから選べます。

MotionX GPS
MotionX GPS


やはり特筆すべきなのは地図があらかじめiPhoneにダウンロードできることでしょう。
これはかなり便利です。地図が表示されるまでのタイムロスも減りますし、バッテリ消費やパケット代も節約できます。圏外エリアで地図が見れるのも魅力的です。

今までのGPSロガーには満足できなかった方もこれなら満足できるはず!
ぜひお試しください。


MotionX GPS
参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!