[iPad] iPadシステム・マネージャ: メモリの解放が心地よいほど素早い!iPadが不安定になったらこれを使おう。3586


メモリ使用量を気にせず使えるiPadですが、それでもメモリを使い過ぎてアプリの動作が不安定になる時があります。そんな時はこのiPadシステム・マネージャを使いましょう!

例えばインターネットを見ていてもすぐにアプリ(Safari)が落ちてしまう時や、アプリを使っている時のアニメーションがカクカクする時は、メモリの使い過ぎの疑いがあります。

このアプリを使えば、メモリをすばやく解放し、システム・アプリを快適に動かす為の空き容量が確保できます。

その他にもバッテリの寿命を延ばす為のアドバイスする機能や、フル充電までの時間を表示し、充電が完了したらアラームでお知らせする機能もあります!

iPadを快適に使う為の機能が揃ったツール、iPadシステム・マネージャをご紹介します。


iPadシステム・マネージャ

メモリ

iPadに搭載されているメモリ容量、使われている容量、空き容量を円グラフで示します。


左下にある更新ボタンをタップすることでメモリの空き容量を確保することができます。
iPadでアプリの動作が不安定になったら、まずこれを試してみましょう。


解説も収録。「固定中」「現在使用中」「現在非使用中」などの言葉が何を意味しているのかが分かります。


プロセス

起動中のアプリ・プロセスを表示します。スワイプして「Close」からアプリが終了できます。緑色のボタンをタップすると…


そのアプリに切り換えができます。アプリの切り換えや表示がiOS4.2に完全対応していない為か、一部表示されないアプリがあります。ここはアップデートに期待です。


ディスク

円グラフで空き容量と使用している容量を示してくれます。


バッテリ

このアプリを使ってフル充電を行えばバッテリの寿命を延ばすことができるそうです。
月1回程度のフル充電が大事だとか。そのタイミングをお知らせする機能もあります。


右側には各種用途で使った場合の推定使用可能時間、一番下にはフル充電に必要な時間を表示。フル充電が完了した時点でアラームを鳴らす機能もあります。


充電を開始すると、充電完了までの時間をカウントダウン!


最終段階に入ると「トリクル充電」が行なわれます。これは自然放電を防ぎ、満タンまでゆっくりと充電を行っていくため、バッテリの寿命を延ばすことに繋がるようです。


充電完了!「フル充電アラーム」がオンなら、アプリを起動している状態で充電が完了した時にアラームを鳴らして知らせてくれます。


システム

iPadに関するシステムの情報、OSのバージョン・ネットワークのIPやMACアドレス・さらにCPUの周波数やバス周波数まで表示します。


マネージャの名前に相応しい便利な機能が揃っています。
ぜひお試しください。


iPadシステム・マネージャ
  • 販売会社URL: AppHome
  • 参考価格:115円
  • ユーティリティ (Utilities)
  • 執筆時のバージョン:5.0
参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!