次にすること(TaskBook): ドラッグ&ドロップでToDoを直感的に整理。タスクに写真とボイスメモをつけられます!3599

次にすること(TaskBook)
次にすること(TaskBook)


次にすること(TaskBook)の特徴

  • ドラッグ&ドロップでタスクを分類できる
  • タスクに写真やボイスメモが添付できる
  • テキストメモのコピペで、タスクを一括して登録できる

さらに、タスクのデータを読み込んでカレンダーに予定として追加する機能や、毎日一定時間に当日期限のタスク件数を通知する機能、タスクデータをCSV形式で書き出す機能など盛りだくさん!
次にすること(TaskBook)をご紹介します。

ただ日常的に使う機能はシンプルにまとまっていて、特にタスクの分類がドラッグ&ドロップという直感的な方法で行えるのが素晴らしいです。

詳しくご紹介します。


次にすること(TaskBook)

タスクを登録する

左:タスクはこんな感じに並びます。新たに追加するには右上の+ボタンをタップ。
右:前に入力した件名を再利用できます。「仮のタイトル」で日時も挿入可能。

次にすること(TaskBook)
次にすること(TaskBook)


次にすること(TaskBook)

タスクは「状態」「タグ」「色」で分類。

「状態」はタスクの状態を示します。例えば予定が未決なら「保留」予定が決まっているなら「予定済」といった具合です。

タグでは「買い物」「会社」「自宅」などタスクに関連するものを設定します。上手に設定しておけば、後から関連するタスクを芋づる式に表示できて便利です。


左:「実行日」はカレンダーから選べます。設定を解除する場合は「ゴミ箱」をタップ。
右:タスクに関する事柄を吹き込める「ボイスメモ」。10分間の録音ができます。

次にすること(TaskBook)
次にすること(TaskBook)


次にすること(TaskBook)

タスクに設定できる色は全部で9種類。

特に重要度などは決まっていないので、自分なりに色を使い分けられます。


次にすること(TaskBook)

タスクの登録画面を下にスクロールしていくと、さらにメニューがあります。

タスクを複製したり、標準の「カレンダー」アプリに予定として登録したり、タスクをメールで送ることもできます。


左:標準アプリの「カレンダー」の機能を利用して、タスクを予定として登録できます。
右:タスクはメールで送ることも可能!写真が設定されていれば自動で添付されます。

次にすること(TaskBook)
次にすること(TaskBook)


ドラッグ&ドロップでタスクを整理

左:タスクを0.5秒ほどタップするとドラッグできるようになります。
右:右側の「状態」のアイコンにドラッグすれば、タスクの「状態」を変更できます。

次にすること(TaskBook)
次にすること(TaskBook)


別の「状態」にあるタスクを見るには右側のアイコンをタップして表示を切り替えます。

「状態」を変更すれば、その日のうちにやるべきタスクや、まだ実行する予定が立っていないタスクだけを抽出しやすくなります。
やるべきか否か迷った時、気軽に「保留」へポイッとタスクを入れてしまえるのはこのアプリの良いところ。タスクの分類に時間をかけず、効率的に整理できますね。

左にスワイプでメニューにアクセス!

左:一覧画面でタスクを左にスワイプすると…
右:「複製」「実行日決定」「カレンダーに登録」「完了」「削除」のメニューが出現。

次にすること(TaskBook)
次にすること(TaskBook)


一覧性の高いリスト表示のまま、タスクの詳細を変更することができるのは良いですね!
他のタスクとの兼ね合いも確認しながら詳細が変更できます。

表示形式・並び順を変える

次にすること(TaskBook)

表示の形式は3種類。

写真がタスクの左に、タスク名の下にメモと「状態」等を表示した「3行+写真」。

写真を表示しない「3行」。

そしてこの画像のようにスリムに表示する「1行」。

一覧性がより高まる「1行」にするか、写真でタスクが分かりやすい「3行+写真」にするか悩みますね…。


次にすること(TaskBook)

右下のボタンをタップ。

するとタスクの右側に表示されていた「状態」のアイコンが表示されなくなります。

よりシンプルに使う場合にはこちらの表示の方が視認性は高いですね。


次にすること(TaskBook)

表示の順番は5種類から選べます。

優先順位・状態順・色順・実行日順(昇順)・実行日順(降順)です。

優先順位というのはどうやら作成順を意味するようです。

状態順は右に並ぶ「状態」アイコンの並び順に準じます。

色順は設定画面での並びの通りに赤からグレイの順になります。


コピペでタスクを一括登録

ある予定が入って、突然タスクが増えるなんてこと、ありますよね?
そんな時に便利なのが一括登録機能。100件以上のタスクを一度に登録できます。

次にすること(TaskBook)

1行に「”タスク名”,”メモ”」の形式で入力。

間に入るのはカンマです。

テキストが入力できるものなら何でもOK。

メールを使ってPCから送るのも便利です。

入力が終わったらテキストをコピーします。


左:アプリに戻って「登録」をタップして、下のボタンを押します。
右:「ペーストボードから」を選んだら、右上のボタンをタップします。

次にすること(TaskBook)
次にすること(TaskBook)


次にすること(TaskBook)

すると先ほど入力していたタスクがそれぞれ区切られて表示されます。

あとは「状態」と「タグ」を選んで登録するだけ。

メモも一度に登録できるので、この機能はかなり便利です。


バッジ・通知機能

次にすること(TaskBook)

設定すれば1日に1回、今日が期限に設定されているタスクの件数を通知でお知らせしてくれます。

また、同じように今日が期限になっているタスクの件数はホーム画面のアプリにバッジで表示されます。

アプリを起動しなくてもやるべき仕事の数が分かりますね!


設定

左:設定から「状態」・「タグ」の追加や、タスクのデータをCSV形式で送信可能です。
右:例えばこれは新しく「状態」を作成するところ。既存の設定も編集できます。

次にすること(TaskBook)
次にすること(TaskBook)


左:アイコンには写真が選択できるほか、約60種類のイラストが選べます。
右:アイコンの色もかなり自由に決められます。

次にすること(TaskBook)
次にすること(TaskBook)


良い意味で予想を裏切ってくれたToDoアプリです。特にタスクをドラッグ&ドロップで「状態」が変更できるのは、直感的ですし、すばやく整理するのに最適です。

ぜひお試しください。


次にすること(TaskBook)
参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank

オススメ