Elastic Voice: 曲や音声の再生スピード、ピッチを変更して再生するアプリ。シンプルで使いやすい。3687

Elastic Voice
Elastic Voice


シンプルで使いやすい再生速度調節アプリ、Elastic Voiceをご紹介いたします。

再生したい曲や音声のスピード、ピッチを変更することができます。
再生スピードは50%〜250%の間、再生ピッチは80%〜120%の間で設定できます。
また、スピードとピッチは独立して設定可能です。

対応ファイル形式はMP3、AAC、WAVとなっています。

英語の音声の再生スピードを遅く(あるいははやく)して聞きたい、曲の耳コピをしたい、テープおこしをしたい、などなどいろいろな場面で便利に使えると思います。

*音声ファイルの転送は、iTunesからUSBケーブルを使って行います。iPodライブラリのファイルを利用することはできません。また、iTunes Storeで購入した楽曲などのDRM付きのファイルは利用することができません。


Elastic Voice

起動してみました。
すると、iTunes経由で音声データを転送してくださいっ、と怒られてしまいました。。

Elastic Voice
Elastic Voice


というわけで、そうしましょう。
iTunesからの転送は、iPhoneをPC/Macに接続し、Appタブを開き、【ファイル共有】のAppからElastic Voiceを選択し、ファイルを選択して送ります。

Elastic Voice


Elastic Voice
転送が完了しました。

今度は怒られずにプレイリストが表示されました。

先ほど転送したファイルが表示されていますね。再生させたいファイルをタップしましょう。


Elastic Voice
再生が開始されました。

画面下半分からスピードを調整したり、ピッチを調整したりできます。


Elastic Voice
【SPEED】のスライダーをグリグリ動かすと再生速度が変化します。

ちょっとスピードアップさせてみました!

英語のリスニングの練習などに便利ですね。

一青窈さんの楽曲の再生速度を遅くすると、なんと平井堅さんの声みたいになるみたいですよ。


Elastic Voice
スピードダウンさせることもできますよ!


Elastic Voice
今度は【PITCH】のスライダーをグリグリしてみました。

再生される音声や曲の音の高さをイジれます。

僕の大好きなFACTの神曲「Pressure」の再生速度をあげたら、なんだかさわやかなPOPSみたいになりました。なかなかおもしろいです。


Elastic Voice
画面上部の青く光っているボタンをタップすると、再生バーがタップした位置にくると曲の頭まで戻ります。

出だしをリピート再生させたい時に使えますかね。


Elastic Voice
白く光っているボタンをタップすると、曲が10秒分戻ります。

任意の10秒間を繰り返して聞きたい場合に使えると思います。


シンプルでとっても使いやすい感じでした。
語学学習なんかにはピッタリなのではないでしょうか?


Elastic Voice
  • 販売会社URL:Elastic Voice
  • 参考価格:115円
  • ユーティリティ (Utilities)
  • 執筆時のバージョン:1.0
参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)

オススメ