Dungeons & Such: 懐かしい感じのダンジョンRPG。ダンジョンに潜り込め!147

Dungeons Such
Dungeons Such


この記事はこのアプリの開発者様からの寄稿です。

Dungeons & Such」開発者の峯元規です。
ほぼ1年間にわたって一人で開発してきた、シンプルなRPGを紹介させてもらいます。

ダンジョンに潜り、レベルを上げ、宝を探し、ボスをやっつける。
素朴で懐かしい感じのマップ無しダンジョンを突き進んでください。


Dungeons & Such


プロモーションムービーはこちら


Dungeons Such

始めの画面。まずは何も気にせずスタート!


Dungeons Such

自分の分身となるキャラ作成は以外と迷う。


Dungeons Such

キャラがきまったらコンティニュー。


Dungeons Such

なんやら浮浪者が迎え入れてくれました。竹の槍を店で買えと助言もくれた。


Dungeons Such

ヒゲがつんつんの武器屋のおやじですね。


Dungeons Such

竹の槍を「買う」をタップで購入。どれだけ先が鋭いのだろうか。。名前をタップするとアイテムの詳細も見れます。


Dungeons Such

店を出て広場へ戻ったらマルコムが装備を忘れるなよ、というRPGお約束の助言。「ダンジョンへ行く」というボタンが出現。よし!さっそく行くか!


Dungeons Such

お、いきなり変な亀、ケロキングに出会う。いろいろ助言をくれた上に、「やくそう」までくれた!


Dungeons Such

やる気のなさそうなモンスターと遭遇!攻撃はタップするだけ。ちょろいぜ。


Dungeons Such

進んでいるうちにレベルアップ!ステータスのバランスは自分の好みであげていこう!ついでに「共有」ボタンをタップするとFacebookの友達に状況を知らせることができる。


自分のFacebookのページにいくと。。。なるほど!ニューズフィードにレベルアップした状況が入ってます。レアモンスターを倒した時や宝箱ゲッツした時なども共有できます。

Dungeons Such


Dungeons Such

お、変な亀ケロキングがまた出た。モンスターを100匹倒せと。今は無理!やくそうが切れたのでいったんホームストーンを使って町へ戻る。


Dungeons Such

広場から行ける場所が増えてます。兵舎へ行ってみよう。


Dungeons Such

なるほど、ここはスキルを覚えるところ。かしこさをあげないとMPもないけど力もないと打撃が弱いのでそこのところをうまく調節して、スキルも覚えていこう。大聖堂では魔法もおぼえられる!


Dungeons Such

そのままゲームを続けていくと浮浪者マルコムが酒場のギルドのことについて教えてくれます。


Dungeons Such

港に行って、酒場へ行くと。。。


Dungeons Such

オーガーみたいな顔のマスターがいた!仕事をくれるそうです。


Dungeons Such

Facebookアカウントで登録して、一定時間ごとに報告すると報酬がもらえるというシステム!


Dungeons Such

お金がなかなか貯まらない時は報酬をもらう。


Dungeons Such

自動的にDungeons & SuchをやっているFacebook友達もギルドに入っているので、雇ってみる!ためしにNPC、セバスチャンを雇ってみました。うまく攻撃してグーをたおした!これは心強い。


Dungeons Such

亀のケロキングが言っていた100匹モンスター討伐を達成した!さっそくGame Centerへスコアを送信したらXPボーナスがもらえる!


Dungeons Such

進んでいたら宝箱も発見!武器、防具、アイテムやら入っていた。。こいつはおいしい。


Dungeons Such

包丁が入っていた!竹の槍はもう弱かったのでちょうどよかった。しかも+3の属性が。ナイス♪


Dungeons Such

階段を降りてどんどん奥へ。


Dungeons Such

どんどん新しいモンスターが出現!お、猪は寝ているのでそっとしておこう。


Dungeons Such

ゲームセンターのリーダーボードに自分の名前を刻んでいきます。


そんな感じのゲームです!
片手プレイ可能なので電車通勤の方に最適。階段を下がるたびに自動セーブされるので小刻みプレイ可能。息抜きにどうでしょうか。うまく最後までクリアしてください。フィードバックお待ちしてます。

開発者としての一言:
アニメーションとプログラミングは独学です。iPhone用なので、十時キー概念を忘れてタッチを使った操作性やUI、そしてプレイヤー同士のネットワークに気を使いました。「10分でも楽しめる」と「見た瞬間に操作性がわかるUI」をデザインすることから始まり、結果こういうゲームが生まれました。Objective-C言語はまったく知らず作り出したので最後あたりは自分のコードに腹を立てることがあったり。

開発日記には壁にぶちあたって悩んだ時のことや、アニメーションのラフ版などをのせてます。
iPhone Game Development Quest

[from Gen(笑) (gomfucius) on Twitter]

※寄稿したい方はこちら: iPhoneアプリの紹介記事の一般募集について


Dungeons & Such
  • 販売会社URL:Dungeons & Such
  • 参考価格:350円
  • ゲーム (Games)
  • 執筆時のバージョン:2.0.3
参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank
AppBankの事前登録サイト『ゲームコネクト
スクエニ×BPが贈る、女神たちと触れ合うイチャらぶハーレムRPG『ヴィーナスランブル』が登場!事前登録者して、ダイヤなどの豪華特典が手に入るぞ!!

ヴィーナスランブル

AppBank 全力プッシュ!

オススメ