Finger Stomp: 誰でもストリートミュージシャンになれちゃう楽器アプリ。練習モードがイイ感じ。510

Finger Stomp


日本だとあまり見たことないのですが…ゴミ箱とかバケツとかをドラム代わりにしてドカドカやっているの、テレビとかで見たことありませんか?

このFinger Stompを使えば、誰でもあんなストリートミュージシャンになれます!

ドカドカと適当に叩くだけでもよいのですが、さらにかっこいいリズムを刻みたい人のために練習モードが用意されています。リズム系アプリが初めての人でも安心です。

何人かで集まって演奏すればなかなか楽しそうです!
基本何でもありだと思いますので、ドカドカやりたい人はチェックしてみてください。


Finger Stomp


こちらがメイン画面となります。
道路標識、タイヤ、バケツなどが並べられていますね。これらをタップすることにより音を出すことができます。適当にドカドカやってみましょう。

Finger Stomp


ただドカドカやってもイイのですが、ここはやはりかっちょよくドカドカしたいところ。
というわけで、左上のボタンをタップしてメニューを表示させ、練習モードへGOです!

【Practice】をタップでスタートです。

Finger Stomp


25曲ほど用意されています。難易度に応じて右側に星マークが表示されています。
とりあえず一番簡単そうな101 – FM amtをタップしてみましょう。

Finger Stomp


すると練習パートの数とテンポを選択するように指示されます。
吹き出しが出ている部分をタップしましょう。

Finger Stomp


【Tempo】のスライダーをイジればテンポが1/2まで遅くなります。【Part Selection】をイジると演奏するパートが多くなります。とりあえず今はこのままでいってみましょう。

【Done】をタップです。

Finger Stomp


それではまず課題曲を聴いてみましょう。
吹き出しの出ている【Listen】ボタンをタップです。

Finger Stomp


課題曲が流れます。
何回も聴けますので、よーく覚えましょう。

Finger Stomp


課題曲をだいたい覚えたら右上の【Practice】ボタンをタップしましょう。すると、光っているオブジェクトをタップしろと指示されます。ここでは青いポリタンクが光っていますので、タップ!

Finger Stomp


光るオブジェクトを一定のリズムでタップしていけば課題曲を演奏することができます。

Finger Stomp


メニューから【Arrange】をタップすると、オブジェクトの配置を変更したり、追加削除できます。

Finger Stomp


チェーンとか追加してみました。

Finger Stomp


大きさも変更できるようです。

Finger Stomp


今度はココにバスケットボールを追加してみます。

Finger Stomp


メニューの【Record】から演奏の録音も可能です!

Finger Stomp


右上のボタンをタップすると録音が開始されますよ。
かっちょイイ録音を残しましょう。

Finger Stomp


で、録音が終わったら名前をつけて保存できます。

Finger Stomp


メニューの【Play】の【Record】をチェックすると、こんな感じで保存されています。

Finger Stomp


こちらの【Settings】をタップすると、設定画面です。
サラウンド効果や、アニメーション効果などを調整できます。

Finger Stomp


背景をガレージからバスケットボールコートに変更することもできます。

Finger Stomp


うん、なんだか新鮮な感じです。
こっちもなかなかイイかもしれません!

Finger Stomp


如何でしたでしょうか?

練習モードでビートを刻むのになれたら、ぜひお友達とセッションしてみてください!


Finger Stomp
  • 販売会社URL:www.talentmania.com
  • 参考価格:115円
  • ミュージック (Music)
  • 執筆時のバージョン: 1.4
参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!