iDarkroom: シンプルだけど奥深い!フィルタを組み合わせて遊べる写真加工アプリ。615

iDarkroom
iDarkroom


ランダムに選ばれるフィルタで写真を加工するのも面白いですが、「こういう写真がつくりたい!」という具体的なイメージがある時にはちょっと不便ですよね。そんな時は今回ご紹介する iDarkroom を使ってみてください。

60あるフィルタで写真を加工できるだけでなく、いくつかのフィルタを選んで組み合わせれば自分だけの写真をつくることもできちゃいます!

詳しくご紹介します。


iDarkroom

写真にフィルタをかける

左:まずは写真にフィルタをかけてみましょう。古い写真風のフィルタがあったり…
右:白黒写真にするフィルタや青を強調するフィルタなどがあります。全19種類。

iDarkroom
iDarkroom


写真の質感を変える

iDarkroom

次は写真の質感です。

キャンバスのようなザラザラとした質感や再生紙風・和紙風・建材風など様々な質感を模したフィルタがあります。

こちらは全10種類を収録。


光の効果を加える

iDarkroom

あたかも壊れたカメラで撮った写真のように、光の効果を加えます。

「Bokeh」はきらびやかな夜景を彷彿とさせるフィルタ。「LightLeak」は太陽光などによって劣化した写真のように見せるフィルタですね。

全12種類のフィルタを収録。


被写体の周りをぼかしてみる

iDarkroom

写真の四隅を白や黒のフィルタでぼかすことも可能です。

こちらのフィルタは全4種類。


写真を傷つけてみる

iDarkroom

テクスチャを貼り付けて傷を付けてみたり、塗装の剥げた壁っぽくしてみたりできます。

アンティークな写真にするなら「Grunge」がオススメです!

全3種類を収録。


フレームを付ける

iDarkroom

仕上げにフレームを付けます。

ポラロイド風のフレームや映画風に仕立てるフレームがあります。

これらのフレームは全部で6種類!


ランダムに加工してみる

iDarkroom

右上にあるサイコロのボタンをタップすると今までご紹介したフィルムやフレームなどをランダムに設定してくれます。

いろいろ考えるよりもこのランダム機能を使った方が感じの良い写真ができることも。侮れない機能です。


設定と写真の保存・共有

iDarkroom

iDarkroom ではカメラを使って撮影することも可能です。「Save Original」をオンにしておけば、加工する前のオリジナルの写真も保存できます。

また保存する写真の解像度が標準では「800」に設定されていますので、標準のカメラアプリで撮影した時と同じサイズにする場合は「Full」を選んでおきましょう。保存に時間がかかりますが、「800」の時よりもサイズの大きな写真として保存できます。


iDarkroom

出来上がった写真はメールに添付したり、Twitter や Facebook に投稿できます。

「Save to Photo Album」をタップすれば標準のカメラアプリで撮影した時と同じように、カメラロールに出来上がった写真が保存されます。


作例

iDarkroom


iDarkroom
iDarkroom


iDarkroom


フィルタをただかけるだけでなく、組み合わせて使うことによって自分だけの写真をつくることができます。ボタン1つでランダムに組み合わせられるのも良い感じですね。写真の処理が素早く、ストレスを感じさせないのも素晴らしいです。

他のフィルタ系アプリとは一味違う仕上がりをぜひ楽しんでみてください!


iDarkroom
  • 販売会社URL:Maple Studio
  • 掲載時の価格:115円
  • 写真 (Photogarpahy)
  • 執筆時のバージョン: 1.1.1
参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)

オススメ