NAVITME ドライブサポーター: 1日8円で使えるカーナビ。駐車場の空車やガソリン価格もチェックできる!747

NAVITME ドライブサポーター
NAVITME ドライブサポーター


今や車の運転には欠かせなくなったカーナビ。でも買うとなるとけっこう値が張ります。そこでこの NAVITME ドライブサポーターを使いましょう。iPhone が一日およそ8円で利用できる簡易カーナビになって、あなたの運転をサポートしてくれます。

渋滞情報を考慮したルート検索を行い、運転中に iPhone を操作したり、画面を見たりすることはできませんので、音声で右左折などのポイントを案内します。

詳しくご紹介します。


NAVITME ドライブサポーター

左:GPSを使って位置情報を取得。iPhone 3GS/4 であれば進行方向も分かります。
右:最大に拡大したところ。青い点は今までに通過した場所を示します。

NAVITME ドライブサポーター
NAVITME ドライブサポーター


ルート案内機能を使う

これからご紹介する機能はアプリ内課金によって180日間パスを購入しないと利用できません。あらかじめご了承下さい。2011年4月10日までは無料でルート検索が行えます。

左:左下のボタンをタップして検索メニューを呼び出し、目的地を設定しましょう。
右:目的地は地名や住所、郵便場号や駅名から検索できます。

NAVITME ドライブサポーター
NAVITME ドライブサポーター


左:検索結果から目的の場所を探し、ルートの目的地に設定して検索を開始します。
右:渋滞を考慮した上で3つの条件でルート検索が行われます(要180日間パス)。

NAVITME ドライブサポーター
NAVITME ドライブサポーター


NAVITME ドライブサポーター

今回は一般道優先を選んでみました。所要時間や距離、CO2排出量が確認できます。


NAVITME ドライブサポーター

有料道路を利用する場合は ETC 割引などの時間帯に合わせた料金が確認できます。

最近では有料道路の料金体系も複雑になりつつあるので、こうした機能は便利ですね。


左:一通り情報を確認したら、次は「ルート地図」をタップしてルートを確認します。
右:ルート確認が済んだら左下のボタンをタップして案内を開始(要180日間パス)。

NAVITME ドライブサポーター
NAVITME ドライブサポーター


NAVITME ドライブサポーター

ルートは青色のラインで表示されます。


左:ナビを開始すると交差点などの曲がり角でこのような案内が表示されます。
右:複雑な交差点ではどのレーンに車線変更すれば良いのかも指示してくれます。

NAVITME ドライブサポーター
NAVITME ドライブサポーター


左:ターンモードにすると右左折ポイントなどの要所要所のみを案内します。
右:行き先表示の看板などが見やすくなっています。

NAVITME ドライブサポーター
NAVITME ドライブサポーター


また図だけでなく、右左折ポイントの2キロ・1キロ・500メートル・200メートル・100メートル前になると交差点名と左折・右折を音声で案内します(要180日間パス)。

横表示にしても利用できます。

NAVITME ドライブサポーター


ルートから外れると目的地への新しいルートが検索されます。その間わずか10秒程度!
通信状況等によってその速度は異なる事がありますが、これくらい素早く検索してくれると道を間違えたり、迷ったりしたときにも安心ですね。

現在地周辺の駐車場・ガソリンスタンドを探す

左:地図を動かすと「周辺検索」ボタンが表示されます。これをタップすると…
右:駐車場やガソリンスタンド、コンビニやレストランなどが検索できます。

NAVITME ドライブサポーター
NAVITME ドライブサポーター


左:値段が分かるガソリンスタンドもあります。
右:駐車場も空車・満車情報を表示。収容台数や営業時間も分かるのは便利です。

NAVITME ドライブサポーター
NAVITME ドライブサポーター


道路情報をチェックする

左:検索メニューから「道路交通情報」をタップすると…
右:現在地周辺や目的地、ルート途中の道路交通情報がチェックできます。

NAVITME ドライブサポーター
NAVITME ドライブサポーター


まとめ

運転時に iPhone を操作したり、画面を見たりすることは道路交通法上できませんが、音声案内が的確なタイミングで指示してくれるので特に支障はありませんでした。ただ、通信状況が悪い地域やトンネルへと入ると地図の読み込みが遅れたり、音声案内のタイミングがズレたりすることがあるようですので、その点は注意が必要です。

また、本アプリは iPhone 3G から iPhone 4 までで利用できますが、素早い表示・ルート検索などを求められる方は iPhone 4 で使われた方が良いでしょう。様々な処理を行っているので iPhone 3G では力不足な場面もあります。

2時間ほどのドライブで15%から20%ほどバッテリを消費しますのでエネループの外部バッテリ等も携帯すると目的地に到着した後も、帰宅する際にも安心して使えます。

対応エリアについては全国となっていますが、市街地を除いて一部地域では詳細な地図が確認できません。また、渋滞情報についても VICS という既存のシステムの情報に基づいて表示しているため、VICS 非対応エリアについては渋滞情報を取得できません。基本的にはカーナビと同じ仕様ですね。

最後に180日間パスについてですが音声案内と渋滞考慮ルート検索、2011年4月10日以降はナビアプリとして基本機能であるルート検索をする際にも必要になります。しかし年6回も地図が更新されるカーナビというのは他にはないでしょう。これが1500円、つまり一日当たり約8円で利用できることを考えると、かなりお得と言えるのではないでしょうか。

カーナビを買うほど車には乗らないけどカーナビのように道案内してくれるデバイスが欲しいという方は NAVITME ドライブサポーターを入れてみてはいかがですか。


NAVITME ドライブサポーター
参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank

オススメ