下書きめも: メモはもちろん、メールテンプレートや投稿ツール、ToDoリストにも使えます。無料。993

mmMemo
mmMemo


久しぶりのAppBank印アプリ、その名も下書きめもです。
標準アプリよりもシンプルに使えるメモアプリです。

思いついた事をメモしたり、文章の下書きを保存しておいたり、お買い物リストや今からやること(ToDo)リストとしても利用できます。

4件までメール送信先を設定し、メモをもとにしてメールを送信することができます。メールのテンプレートに使うことが出来ますね。送信先にEvernoteやブログ投稿アドレスを設定しておけば、投稿用ツールとしても使えちゃいます。

ATOK Padと連携できたり、起動後すぐにメモ入力やメール作成も可能です。

シンプルゆえに使い方はアイディア次第です。
気になる方はぜひチェックしてみてください!


下書きめも

mmMemo
さっそく起動してみました。

右上のボタンをタップして、さっそくメモっていきましょう!


ふむ、とってもシンプルです。
入力し終えたら右上の【完了】ボタンをタップです。

mmMemo
mmMemo


mmMemo
はい、オッケーです。

左上の【下書きメモ】をタップすれば最初の画面に戻れます。


mmMemo
戻ってきました。

しっかりとメモが保存されていますね。日時も記録されているので、いつのメモかすぐにわかります。


mmMemo
もう一つメモを追加してみました。今日中に書きたいアプリをメモって、簡単なToDoリストとして使ってみました。

入力し終えたら【完了】ボタンです。


mmMemo ここまでなら何の変哲もないメモアプリですが…いえいえ、便利な機能があるんですよ!

左上のボタンを光の速さでタップしましょう。


mmMemo
はい、こちらが設定画面となります。

主に4つの設定項目がありますので、順番に解説していきます!


メール連携

mmMemo
【メール送信設定】には、あらかじめ4つまでメールアドレスを設定しておけます。


メモを入力して、この画面の時に右上のボタンをタップしてみましょう。
すると先程設定しておいたメール送信先が表示されます。

mmMemo
mmMemo


mmMemo
送信先をタップすれば、すばやくメールを作成することができます。

メモによく使う定型文を入力してテンプレートとして保存しておけば、メール作成が一気に楽になりますね!

またEvernoteのメールアドレスを入力しておけば、メモ内容をすぐにメールでEvernoteに追加できます。

ブログ投稿用のメールアドレスを入力しておけば、ブログ投稿ツールとしても使えますね。


テーマ設定

4つのテーマが用意されており、外観をガラッと変更することができます。
標準のメモアプリのようなものや革のメモ帳みたいなものもありますよ。

mmMemo
mmMemo


起動時オプション

mmMemo
【起動時オプション】から起動時の挙動を設定できます。

【新規メモ】を選択しておけば、起動後にメモ入力画面となります。素早くメモれます。

【新規メール】を選択しておけば、起動後にメール作成画面となります。すぐにメールの作成に入りたい場合には、メールアプリよりもはやいです。


ATOK Pad連携

mmMemo
【ATOK Pad】をオンに設定しておくことでATOK Padを利用することができます。

ATOK Padの記事はこちらからどうぞ!
ATOK Pad: 日本人にじわりと馴染む、日本語入力システムATOK組み込みメモアプリ。2832


設定画面から【ATOK Pad】をオンに設定すると、メモ入力時に画面中段右側にATOK Padボタンが出現します。このボタンをタップするとATOK Padが起動します。

mmMemo
mmMemo


文章を入力し終えたら右上のボタンをタップして、また戻ってきましょう。
日本語入力はやっぱりATOKじゃないとダメだという人には嬉しいはずです。

mmMemo
mmMemo


以上です。

シンプルながら非常に応用のきくアプリだと思います。
メモ入力やメールの下書きに、ぜひどうぞ!


下書きめも
参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!