Vimeo: 無料とは思えないクオリティ!簡易編集機能を搭載したアップローダー兼 Vimeo ビューワー。無料。1008

Vimeo


Vimeo という動画投稿サービスをご存知ですか? YouTube に比べて日本ではあまり目立たないサービスですが、ユーザーが作成した動画の投稿のみを認めるクリエイティブな特徴を持ち、差別化を図っています。

そんな Vimeo から公式アプリがリリースされました。その名も Vimeo

動画の簡易エディタを備え、もちろん動画の投稿も可能。自分のアカウントがフォローしている動画や「あとで見る」マークを付けた動画などを管理・視聴することもできます。


Vimeo

動画を撮る

Vimeo

まずは「My Videos」から動画をライブラリに追加してみましょう。

撮影済みの動画を追加するのであれば右上の+ボタンを、Vimeo アプリの撮影機能を使って動画を撮影するなら左上のカメラボタンをタップします。


縦・横、どちらのサイズでも撮影することができます。

Vimeo


Vimeo

撮影に際して付けるオプションは3つ。フラッシュ・動画サイズ・グリッド表示です。

フラッシュを「Auto」にした場合、撮影中に明度が落ちると自動的にフラッシュが点灯します。「On」は撮影中、常にフラッシュをライトとして点灯させます。

動画サイズは「Zoom」にすると若干デジタルズームした形になり、「All」にすると縦方向であれば左右に黒帯が表示され、上下方向に撮影できる範囲が増します。「Fill」にすると通常のサイズで撮影できます。

グリッド表示は「Box」が画面中央に四角い図形を透過表示し、「Grid」は画面を9つの長方形で区切ります。


動画を管理・編集する

左:撮影が終わると「Recordings」に動画が登録されます。
右:このままアップロードすることもできますが、「Video Editor」で編集もできます。

Vimeo
Vimeo


「Video Editor」では動画・トランジション・タイトル・音楽の4つを編集できます。ピンチイン・アウトで範囲の拡大・縮小表示が可能です。

Vimeo


まずは動画(青い帯)をタップしましょう。するとプレビュー画面の横に設定が表示されます。ここでは動画のトリムや音量・動画サイズの調整、さらには…

Vimeo


3種類のエフェクトを適用することもできます。また「video」欄の+ボタンをタップすれば動画の他に静止画を追加することも可能です。

Vimeo


次は「title」欄の+ボタンをタップしてみましょう。タイトルとなる文字列を入力し、そのサイズや表示位置・色を調整できます。

Vimeo


タイトルを入れてみました。次は「audio」欄の+ボタンをタップしましょう。

Vimeo


最初から複数の BGM がアプリに同梱されています。この中にお気に入りのものがなければ「Recordings」で自作音楽を録音します。ナレーションを入れるのにも使えますね。

Vimeo


次はトランジションです。これは自分では追加できません。動画あるいは静止画を追加すると自動的に付加されます。トランジションをタップするとフェードインやパンなどその種類を選ぶことができます。

Vimeo


出来上がった動画をアップロードする

左:動画の編集が終わったら「Upload」をタップします。
右:アップロードする際に公開したい動画の品質を選びます。

Vimeo
Vimeo


「HD Quality」を使えば iPhone 4 で撮影した動画をほぼそのままに公開することができますが、その分だけ処理に時間がかかります。また Vimeo の無料アカウントでは HD Quality でアップロードできる動画は週に1本までと制限があります。

左:動画のタイトルを決めて…
右:アップロード開始!HD Quality でアップロードするなら Wi-Fi 回線は必須です。

Vimeo
Vimeo


アップロードが完了してもサーバー側で処理に時間がかかります。処理が終われば完了を通知するメールが届くので、その到着を待ちましょう。

Vimeo

ついに完成!

といっても撮影からアップロードまで30分掛からず、編集機能も一度慣れてしまえば自分の思う通りの動画をサクサクつくることができます。素晴らしいですね。

今回作成した動画は Made by vimeo app on Vimeo で公開中です。手ブレしまくりですのでご注意下さい。


動画視聴機能を使いこなす

Vimeo

「My Stuff」では自分がフォローしているユーザーの動画や、自分があとで見る「Watch Later」マークを付けた動画、お気に入り登録した「My Likes」の動画などを視聴したり、管理したりすることができます。


Vimeo

自分のアップロードした動画の視聴回数やアップロードした動画の数などをチェックする機能もあります。

iPhone から簡単にこうした情報がチェックできるのは Vimeo を以前から使っていた方には嬉しいですよね。


まとめ

YouTube に比べると国内での普及率はいまいちな Vimeo ですが、HTML 5に対応しているので iPhone からの視聴にも対応しており、友達や知り合いと動画をシェアしたい時にも問題なく使えるなど、YouTube と使い勝手はほとんど変わりません。

また、動画の編集機能については iMovie for iOS に比べるとチープさがあるものの、無料でここまでできるのですから文句の付けようがありません。

動画のみならず静止画も扱えるのでスライドショーを作るのにも使えますね。


Vimeo
  • 販売会社URL:Help Center on Vimeo
  • 掲載時の価格:無料
  • エンターテインメント
  • 執筆時のバージョン: 1.0
参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank

オススメ