Ruby Reader: 自力で英語のサイトを読みたい人のためのルビ振り特化型RSSリーダー。1218

こんにちは、KiDDです。

Googleリーダーに登録した英語サイトの記事本文にルビを振ってくれるアプリ、Ruby Readerを紹介します。

このアプリを使っても英語のサイトが読めるわけではありませんが、英語を勉強している、なんとかして英語の記事を読みたいと思っている人にとっては最高の手助けツールになることでしょう。



Ruby Reader


まず最初にGoogleリーダーのアカウントを設定します。


設定後、RSSを登録している英語サイトの記事を読みにいきましょう。
そして右上の「ルビ振り」をタップ。


すると本文にルビが振られます。これは分かりやすい!
ちなみにもちろん普通のRSSとしても使えます。


今度はRSSではなくブラウザからの表示。
ブラウザでは直接ルビを振ることはできませんが、選択したテキストごとにルビ振りが可能です。


ルビ振りを実行すると別ページでルビの確認ができます。
履歴も表示されるので便利ですね。


また、キーワードをタップするとその意味も表示されます。
さらに略語や固有名詞は英語のwikipediaで調べてきてくれます。


もちろん覚えた単語にはルビを振らない機能もありますし、設定から英語力を設定するとルビが振られる単語自体が減り、より英文を読みやすくなります。


頑張って英語が読めるようになりたい人にはたまらないアプリですね!


Ruby Reader
参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank

オススメ