Photosynth: これで無料!?マイクロソフトが開発した、パノラマ写真が撮れるカメラアプリ。1330

Photosynth
Photosynth


Apple の宿敵とも言われてきた Microsoft 。そんな彼らが iPhone アプリをリリースしました。その名も Photosynth 。パノラマ写真が簡単に撮れるカメラアプリです。

イメージとしては以前ご紹介した 360 Panorama のように撮影して AutoStitch のように写真を合成します。この2つの有料アプリの良いところ取りなのに、Photosynth はなんと無料!もちろん UI や機能も作り込まれており、有料アプリに相違ない出来です。

撮影方法や使い勝手などを詳しくご紹介します。

撮影方法

左:画面をタップするとパノラマ写真の撮影を開始します。
右:空間を埋めるように iPhone をかざします。これだけで写真が記録されていきます。

Photosynth
Photosynth


Photosynth

Photosynth は被写体を認識し、それがどのような形なのかを推測して合成します。ですから、既に撮影済みの写真に緑のフレームが重なるように iPhone を動かします。

そのために被写体の模様によってはうまく合成できないこともあります。


左:撮影済みの写真に重なる部分が少ないと、マニュアルで撮影しなければなりません。
右:また、被写体の模様やフレーム内で動く被写体がいると撮影できません。

Photosynth
Photosynth


Photosynth

撮影が終わったら「finish」ボタンをタップ。これで写真の合成が始まります。

すぐに別のパノラマ写真を撮るのであれば「skip」で合成処理を中断できます。処理はあとからでも行えます。


サンプル

360度撮影すると横幅が 4096px にもなるパノラマ写真になります。

Photosynth


Photosynth


撮った写真を見る・公開する

Photosynth

合成したパノラマ写真はこのアプリで見ることもできます。


左:写真を選択すると画面全体に表示され、左右にフリックして視点を変更できます。
右:撮影できていない範囲は黒く表示されます。

Photosynth
Photosynth


Photosynth

写真は Facebook や専用サービスの Photosynth.net にアップロードできます。


Photosynth.net にアップロードすると、ストリートビューのようにウェブブラウザ上で視点を変更できるパノラマ写真を公開できます(要 Windows Live アカウント)。

Photosynth


実際に Photosynth.net で公開している写真を以下のリンクからご覧になれます。気になる方はぜひ一度、チェックしてみてください。

asyunin’s Photosynths – Photosynth

キレイなパノラマ写真を撮るコツ

Photosynth

逆光・順光等によって露出が変わり、同じ写真の中でも明度が異なる場合があります。

そこで設定にて「exposure lock」をオンにしておきましょう。これで露出が一定になり、写真全体の明度が均一になります。


被写体を認識してパノラマ写真として合成していくため、被写体の模様や表面の凹凸などによってはうまく合成できないこともあり、撮影に手間取ることもしばしば。

ですが、無料アプリとは思えないほどパノラマ写真の合成精度が高く、手軽に使えます。旅の思い出や日常生活を、ちょっと違った角度から写真に残すのにピッタリですね。

まだパノラマ写真が撮れるカメラアプリをお試しでない方は、ぜひ Photosynth でその面白さを体験してみてください!

  • 販売会社URL:Microsoft Corporation
  • 掲載時の価格:無料
  • 写真
  • 容量: 4.4 MB
  • 執筆時のバージョン: 1.0
参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!