[PR] BookGate: 電子書籍の購入から、「本棚」の管理、読書までこれひとつ!のブックリーダー。無料。1396

BookGate

iPhoneやiPadが普及するのとともに、日本でもようやく活気づいてきた感のある電子書籍。最初こそは単品の書籍アプリとしてAppStoreに並ぶことが多かったのですが、今では、電子書籍ストアを内蔵したものも複数登場しています。アマゾンのKindle StoreやアップルのiBooksが日本でサービスを始める前に、独自のマーケットを先に作り出そうと果敢に挑戦する出版関係各社から、今回は「BookGate」を紹介します。


BookGate

BookGateは、メニューを見て分かるとおり、電子書籍ストア・「本棚」・ブックリーダーで構成されています。電子書籍を購入するときにはApple IDを使うため、新たにカード番号や個人情報を登録し直さなくてもいいので便利です。つまり、AppStoreからアプリをダウンロードしたことのある人なら、その時に使うアカウントとパスで買えるわけです!


メニュー画面で、「新着」「おすすめ」「無料」のいずれかをタップすると、そのカテゴリの取扱い書籍が表示されます。気になる本をさらにタップすると、内容の詳細が確認できます。

BookGate
BookGate


なお、メニュー画面や「新着」「おすすめ」「無料」の画面の右上にある「検索」ボタンをタップすると、ストアで扱っている電子書籍のリストを見られます。画面のボタンで切り替えて、書名順の「すべて」の他、出版社別・ジャンル別にも並べ替えができます。「サーチ」で簡単な検索もできるようです。

現在、BookGateで配信される電子書籍の数はiPhoneの画面上で一覧するには見きれないほどにまで増えていて、指でスクロールさせながら探すのが面倒という方もいるかも。そんな人には、通常のウェブブラウザで閲覧できるサイトも用意されていますので、そこで見当を付けてからアプリ内で探してみると良いでしょう。(http://www.bookgate.info/

BookGate


無料の書籍もたくさんあります。おおむね有料書籍を試し読みするための抜粋版ですが、1冊、BookGateの使い方を説明するマニュアルが用意されています。上の画像に写っている『BookGateかんたんガイド』がそれです。アプリの操作に自信がない方は、まずこれをダウンロードしてみて、アプリの操作に慣れていくというのは如何でしょうか。

BookGate

ただ、このアプリの「売り」はやはり有料の書籍ですので、私はこれを買ってみました。


BookGate

価格の「¥600」(無料の本だと「Free」)をタップし、確認画面で「購入する」と答えると、次にApple IDのパスワードを要求されます。無事に入力が済んだら、ダウンロードが始まります。ちなみに、価格の横に「WiFi」という青いバッジがあるときは、電子書籍のファイルサイズが大きいために無線LANでなければダウンロードできません。


BookGate

ダウンロード中は価格の部分が青いバーに変わり、進捗状況を表示。これが「Read」になったら、タップして本を開けます。


本はこんな感じに表示されます(縦画面の場合)。

BookGate
BookGate


BookGate

読むための操作は簡単。ページをめくるには、フリックするか画面の左右端をタップします。操作で何か分からないことがあったら、中央をタップすればメニュー画面が出ます。(なおメニュー画面の左上に本と「←」で描かれたアイコンがありますが、これをタップすると表示していた本を「本棚」に戻します。本の表示画面から抜けられるわけですね。)


BookGate

また、メニュー画面左下の「●===」が並ぶアイコンをタップすると、本の目次が表示されます。


BookGate

本の1ページ分をそのまま表示させるには、iPhone/iPod touchの画面は小さいです。そのため、拡大して読むこともできます。画面をダブルタップすれば最大表示に拡大(もう一度ダブルタップすると元の大きさに戻ります)、2本指でピンチイン・ピンチアウトしても微調整しつつ縮小・拡大できます。下の画像が表示を最大にした様子です。


BookGate

画面表示を拡大しなければならない場面は、やはりレイアウトに凝った雑誌などを読むときに多いのではないでしょうか。BookGateでは、まだ多いとは言えませんが雑誌も扱っています(これからどんどん増えていくと思います)。


BookGate

この本の詳細説明にも描かれていますが、BookGateで売られている本の一部は、すでにAppStoreで単品のアプリとして配信されています。これはBookGateで手に入るのと同じものだそうで、すでにアプリで持っている人がBookGateでも買ってしまうと二重にお金を払うことになってしまいます。ただ、そういうことが無いように、BookGate側でも購入手続きの中でアラートを出すようにしています。


BookGate

さて、この雑誌を買ってみました。


読もう‥‥と思いましたが、紙面そのままを表示するので、iPhone 4や第4世代のiPod touchに搭載されているRetinaディスプレイでないと厳しい気がします‥‥もちろん、ダブルタップやピンチイン・ピンチアウトでの画面拡大は可能です。

BookGate
BookGate


iPhoneの本体を横にして横画面にすると見開き表示に。この詰め込み加減もすごい(笑)。私個人は、横画面でダブルタップしたときの表示が読みやすいです。1ページずつ縦にスクロールしながら読むイメージになります(ページ送りは横方向になりますが)。

BookGate


BookGate


bookgate

雑誌のように一覧性を重視して詰め込むレイアウトだと、iPhone/iPod touchよりもiPadの方が見やすいでしょうね。そうそう、BookGateで一度買った本は、他のiOSデバイスでも5台までなら読むことができます。それぞれのデバイスで改めてダウンロードしなおし、その際2回目以降なら課金されないという仕組みです。試しに、iPhoneで買った本を、iPod touchでダウンロードしてみました。


BookGate

もうお気づきかと思いますが、ここまで紹介した書籍・雑誌は、紙の本そのままのレイアウトでした。文字の大きさや行間などを変更することはできないのですね。「それじゃ電子書籍の意味が無いじゃないか」とお思いの方、もちろんBookGateでもそれに対応したテキストベースの本が用意されています。むしろ、こちらが本命!


BookGate

書籍の詳細で「MC」のバッジが付いている本が、テキストベースで提供されるコンテンツです。本を開いた後で画面中央をタップすると、先に紹介した画像ベースの本とは異なるメニュー画面が出てきます。たとえば「本棚」に戻すアイコンは左下に移動していますね。


BookGate

画面右下の歯車アイコンで本の表示をカスタマイズできます。「文字サイズ」「フォント」「ページ移動エフェクト」「縦書/横書表示」「ルビ表示」「ページ移動タップエリア」など、かゆいところに手が届くメニューの数々です。


BookGate

そのメニューの中でも、肝は「文字サイズ」と「行送り」「字送り」です。文字サイズは12pが初期設定ですが、これは大きすぎます。Retinaディスプレイならば8ptでもスイスイ読めますし、旧機種では細かい文字の表示は苦手なものの10ptなら十分読めます。


BookGate

テキストベースの本のメリットは、表示のカスタマイズだけではありません。文章の気になる部分を指でなぞってみると‥‥


なぞった部分が赤く変わり、選択状態になります。その部分をキーワードにして本文検索またはウェブ検索ができます(なお、この画面で赤い三角形をドラッグすると、選択範囲を修正できます)。メニューを見るとわかりますが、「蛍光ペン」でのマーキングもできます! 「蛍光ペン」は6色。

BookGate
BookGate


BookGate

「蛍光ペン」でマークするとこんな感じ。6色のうち、緑か黄色が使いやすいように思います。


BookGate

以上、BookGateの使用感をざっくり紹介してみました。いかがでしょうか、電子書籍に欲しい機能は必要十分に揃っています。ちなみに、アプリの最初のメニュー画面で「本棚」を選ぶと、自分がBookGateストアからダウンロードした本が一覧できます。もちろん、ここから本を開くこともできます。これも、最近の読書アプリでは定番の機能ですね。


手に入れた本はアプリ内に保存されますので、一度落としてしまえばネット接続が無くても本を好きなときに読めます。さきほど、他のiOSでダウンロードした場合でも2回目以降は無料だとお知らせしましたが、「本棚」画面で削除した本を、ストアから再度ダウンロードした場合もやはり課金されないとのことです。安心して使える仕組みです。

「iPhoneでは画面が小さいから電子書籍はなぁ‥‥」と尻込みしている方。今後iPadや、RetinaディスプレイのiPhone/iPod touchを購入したいと思っているなら、いまBookGateの本を買っておいて使い方に慣れておくのも手ですよ。新機種へ移行する時、電子書籍への“投資”が無駄にならないで済むのですから!

[from BookGate(ブックゲート) 持ち運べる総合書店|廣済堂]
  • 販売会社URL:Kosaido Co., Ltd
  • 掲載時の価格:無料
  • ブック
  • 容量: 9.6 MB
  • 執筆時のバージョン: 2.71
参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank

オススメ