[iPad, iPhone] Pen and Paper: Dropbox経由で、手書きメモをiPhoneとiPadで同期。

PenAndPaper
PenAndPaper


iPadでもiPhoneでも使える手書きメモアプリ、Pen and Paperをご紹介します。

Dropboxと連携しているので、iPhoneで書いたメモをiPadで開いたり、その逆を行うのがカンタンです。また、手書き文字だけでなく、テキスト文字を入力することも可能です。

それではご紹介します。


iPad – Pen and Paper

起動したら「Create new」をタップして、新しいノートの作成開始です。

PenAndPaper


まずはさらりと文字を書いてみました。心地よい書き味です。書いたそのままが表示されるというよりは、若干丸めに描画されるようです。

PenAndPaper


ペンの太さや色は変更できます。

PenAndPaper
PenAndPaper


画面をダブルタップすることでテキストを入力することもできます。

PenAndPaper
PenAndPaper


作成したテキストは、回転したり、途中で折り返したりできます。

PenAndPaper
PenAndPaper


テキストには枠を付けたり、四角・円・線・矢印・写真を貼付けることも可能です。

PenAndPaper
PenAndPaper


縮小したり、拡大することもできます。

PenAndPaper
PenAndPaper


細い線が全画面表示されるほど拡大することもできます!!!多分意味ありませんけども!!

PenAndPaper


PenAndPaper

設定もチェック。

Toolbar on right sideをONにするとツールバーが右側に、Left-handed drawをONにすると左利きモードに移行します。


背景を、罫線だけでなく、方眼紙にしたり、白紙にすることも可能です。

PenAndPaper


印刷・PDFにしてメール、PDFにしてiTunesに保存が可能な他、Dropboxに保存することもできます。PDFではなく、Pen and Paperの形式で保存しておけば、後からiPhoneで読み込んでメモの続きを書き込んでいくことも可能です。

PenAndPaper
PenAndPaper


複数ページでノートを作ることも、もちろんできます。

PenAndPaper
PenAndPaper


横画面でも使えます。

PenAndPaper


横画面の方が、私は好きです。

PenAndPaper


iPhone – Pen and Paper

ユニバーサルアプリなので、iPhoneでも使えますよ!

PenAndPaper
PenAndPaper


以上です。

一般的な手書きメモアプリに、Dropboxによる連携が加えられたアプリという印象です。簡単に使えるので、複雑なことをしたくない方にも良さそうだと感じました。

  • 販売会社URL:Jens Egeblad
  • 掲載時の価格:¥230
  • 仕事効率化
  • 容量: 6.7 MB
  • 執筆時のバージョン: 1.0.4
iPhone アイコン
Pen and Paper

Dropboxまとめ

Dropboxの使い方を基本から応用まで徹底解説。Dropboxに追加された新機能もご紹介しています。
【保存用】Dropbox の全まとめ。基本機能の使い方解説から、応用まで。

参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank

オススメ