Vapor Pro White Out edition: 息を飲むほど美しい。真っ白な金属製バンパー。

iPhone 4 ホワイトのユーザーなら絶対に欲しくなる!そう自信を持ってオススメできるエレメントケースの金属製バンパー Vapor Pro White Out edition をご紹介します。

Vapor Pro White Out edition

最大の魅力は従来の塗装方法では実現できなかった独特の白さと光沢です。しかも塗装はすべて手作業!色が少しでも違ったり、塗りが甘いと即廃棄という厳しい品質管理のもとで生み出されたこのバンパーは、信じられないくらいに美しいです。

このバンパーの魅力と装着方法を動画にまとめました

自動車の塗装にも使われる技術でもって真っ白に塗り上げているので、耐久性も抜群。ポケットに入れて摩耗したとしても、簡単に色落ちしないようになっています。また、自動車のボディに触れた時と同じような滑らかな手触りも魅力的。

一方で、アンテナの接合部分には涼しげなプラスチックパーツを採用して電波強度は低下させないようにしたり、相変わらずの優れた加工技術でもって航空機用アルミを削り出しているなど、見た目の良さだけでなくモノとしての完成度の高さも兼ね備えています。流石、エレメントケース社。
追記: iPhone 4S/4兼用ケースです。


AppBankStoreでチェック

Vapor Pro White Out edition をチェック!

高級腕時計が入っていてもおかしくないパッケージ。

Vapor Pro White Out edition


内容物を確認しましょう。

1. クリーナークロス
2. 証明書:エレメントケース製であることを証明する証書
3. イヤーパッド:受話口に貼る保護フィルムで貼り直し可能
4. バックプレート:ホワイトクラリーノという色で貼り直しが簡単にできる
5. コテ:液晶保護フィルムを貼る際に使います
6. 液晶保護フィルム

Vapor Pro White Out edition


Vapor Pro White Out edition は専用のキャリーケースに入っています。

Vapor Pro White Out edition


7. 専用レンチ:Vapor Pro White Out edition を iPhone に装着する際に使います
8. Vapor Pro White Out edition 本体:重さはおよそ20グラム

Vapor Pro White Out edition


専用レンチのキャップには従来のモデルと同じく予備のネジが付属しています。

Vapor Pro White Out edition


iPhone に装着するにはバンパーの右上と左下にある4本のネジを取り外します。

Vapor Pro White Out edition


ネジを取り外すと Vapor Pro White Out edition は2つのパーツに分かれます。内部には緩衝材が接着されており、これが iPhone のアンテナと接触するのを防いでいます。

Vapor Pro White Out edition


片方のパーツに iPhone を載せ、もう一方のパーツを iPhone に被せてからネジでしっかりと固定します。その際、一気にネジを締めるのではなく、いったん緩く締めてからエッジ部分を合わせ、それから固定しましょう。凹凸が少なくなり、キレイに見えます。

Vapor Pro White Out edition


iPhone 4 ホワイトに装着してみた

表面。金属バンパーが雪だとすると、左下のプラスチック部分は氷のようです。
金属製なのに柔らかな雰囲気があるのは Vapor Pro White Out edition ならでは。

Vapor Pro White Out edition


上部。電源スイッチはバンパーに付属するものに置き換わっています。イヤホンジャック部分は横にスリットが入っているので L 字型のジャックでも挿すことができます。

Vapor Pro White Out edition


ただモニター用ヘッドフォンなど、プラグが太いものはイヤホンジャック部分の穴が小さめなので挿せない場合があります。iPhone に付属するイヤホンなら問題ありません。

左側面。金属部分には自動車に使われるアクリルウレタン塗装が施されているので、適度な光沢があり、今までの金属製バンパーにはない独特の質感を生み出しています。

Vapor Pro White Out edition


音量調整ボタンとプラスチックパーツの間に「VAPOR PRO」のロゴが、レーザーによって刻み込まれています。レーザー刻印だと摩耗してはげ落ちたりしないのが良いですね。

Vapor Pro White Out edition


着信/サイレントスイッチや音量調整ボタンはそのまま顔を覗かせています。

Vapor Pro White Out edition


プラスチックパーツはちょうどアンテナの接合部分に当たるようになっています。プラスチックは絶縁体なので強く握ってもアンテナがショートせず、電波強度が低下して圏外になることはありません。これは Vapor Pro だけの利点です。

Vapor Pro White Out edition


底部。マイク・スピーカー・Dock コネクタはどれも問題なく使えます。ただ、VGA アダプタのような Dock コネクタが厚いものは挿すことができませんでした。

Vapor Pro White Out edition


右側面。SIM カードスロットに沿うように3つのスリットが設けられており、Vapor Pro White Out edition でもっとも工業的なデザインが施されている部分です。

Vapor Pro White Out edition


背面。iPhone 4 ホワイトの色と相まって、まるで純正品かのような一体感があります。

Vapor Pro White Out edition


iPhone 4 ブラックに装着してみた

ブラックとの組み合わせも悪くありません。アップル製品に共通するキレイなデザインに、見事 Vapor Pro White Out edition がマッチしているからでしょうか。

Vapor Pro White Out edition


Vapor Pro White Out edition


バックプレートとイヤーパッド

バックプレートはホワイトクラリーノという色で、Vapor Pro White Out edition 本体とまったく同じ。背面に貼ります。イヤーパッドは起毛していて受話口に貼ると耳当たりが良くなります。どちらも貼り直しが簡単な接着剤を使っています。

Vapor Pro White Out edition


オプション品:White Edition Carbon Fiber Back Plate

ホワイトクラリーノではあまりにもシンプル過ぎる、という方にはオプション品として White Edition Carbon Fiber Back Plate もあります。

基本はホワイトクラリーノですが、外周部には航空機用カーボンファイバーを使用。スパイスのように、無垢な Vapor Pro White Out edition をほんの少し刺激的にします。

Vapor Pro White Out edition


デザイン・機能ともに、まったく文句のつけようがありません。iPhone に似合うバンパーをお探しなら、必ず候補に加えたい逸品です。


AppBankStoreでチェック

今まで紹介した iPhone 4S/4 のケースはこちら

【保存版】おすすめの iPhone 4S/4用ケース・カバーのレビューまとめ。

AppBank Storeに iPhone 4S 用ケースカテゴリーが登場!

こちらから iPhone 4S 用のケース一覧を見ることができます。
iPhone4S ケース : AppBankStore

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!