Youtubeの使い方まとめ。「履歴」「関連動画」の見方から、「許可する動画の設定」まで!

youtube
youtube


iPhoneを使っていてついつい使ってしまうアプリは何?と聞かれたら、恐らくダントツでYoutube!見始めるとついつい「次の動画」「次の動画」・・・といっちゃいますよね。そんなYoutubeの使い方を改めて確認していきたいと思います。

それではどうぞ!

youtube

Youtubeを起動しました。

最も重要な機能は「検索」ですね。検索してみましょう。


検索

youtube

「appbank」で検索してみました。ずらりとappbankでアップロードした動画が並びます。

早速動画を見てみましょう。


動画が流れ始めました。WiFi環境下だとすぐ見られるのが嬉しいですね。3Gだとかなり待つことにはなります。

youtube


メールで共有

画面をタップすると、メニューがでてきます。左端の本アイコンをタップすると、この動画がブックマークされます。また、画面右下にメールボタンがあります。タップしてみましょう。

youtube


動画をメールで共有できます。面白い動画が見つかったら友達に送ってみましょう。

youtube


詳細情報・関連動画

youtube

さて、動画を見終わると、このように動画の詳細情報をみることができます。

ここで注目したいのは「ほかの動画」です。ここから、今見た動画に関連する動画をチェックすることができます。


こんな感じでずらり。さらに、各動画の青矢印をタップすると、その動画の関連動画もチェックできます。

youtube
youtube


お気に入り

youtube

「お気に入り」動画もいつでもチェックできます。

好きな動画や、友達に紹介したい動画はここにいれておくとよいでしょう。

ここで右上の「サインイン」をタップすると、、、


youtube

YouTubeのパスワードを要求されます。

YouTubeのアカウントを持っていれば、「お気に入り」を同期することができます。


人気

youtube

「人気」から、数多く視聴されている動画を確認することができます。ただ、英語の動画ばかりでちょっと面白くありません。


履歴

youtube

「履歴」機能は便利です。

最近みた動画を再視聴することができます。

最近、Annoying Orangeみてました。。。


その他

最後に、その他の機能を紹介していきます。

youtube

おすすめ・新着・評価の高い動画・マイ動画・登録・プレイリストを使うことができます。

自分が以前にアップロードした動画は「マイ動画」から確認することができますよ!


youtube

「その他」の右上にある「編集」をタップしてみましょう。

下部ツールバーに並んでいるアイコンの配置変更ができます。よく使う機能を設定しておきましょう。


お子さまがiPhoneをお持ちのご両親へ

Youtubeは、試聴可能な動画を設定することができます。お子さまがiPhoneをお持ちのご両親は、以下の設定を考えた方がいいかもしれません。

設定 > 一般 > 機能制限 > ムービー、と移動すると以下の画面が表示されます。許可するムービーのレートを設定しておきましょう。

youtube

各設定の意味は以下の通りです。

G(General Audiences):全年齢対象
PG(Parental Guidance Suggested):子供が見る場合、親がいるほうが望ましい
PG-13(Parents Strongly Cautioned):13歳以下のお子さんにはふさわしくない
R(Restricted):17歳以下のお子さんは大人と一緒にみましょう
NC-17(No One 17 and Under Admitted):17歳以下の子供はNG


以上です!

Youtubeライフをお楽しみください!

iPhoneの基本的な使い方や、便利なTipのまとめはこちらからチェックできます!
iPhoneの使い方、設定方法、便利なTipsまとめ。


こちらもどうぞ

「iPhoneで動画」の最新情報はこちらから
動画、Youtubeの保存・ダウンロード・再生用 iPhone アプリまとめ。

参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank

オススメ