INStan Pocket: 最も「遊べる」トイデジを、もっとマニアックに、楽しく使おう!

INStan-2
INStan-2


最近触っていて最も楽しいトイデジアプリ、INStan Pocketの解説記事の第2段です!

(第1段はこちら!→INStan Pocket: アナログ感覚が楽し過ぎるトイデジ。iPhoneから写真にハマった人にオススメ!

INStan Pocketがどんなアプリかというと、なかなか慣れるのが大変だけど、日々触る事に発見があって、少しずつ愛着を感じていくアプリです。末長く付き合えて楽しめる、そして段々と自分のものになっていく感覚が新鮮です。最近のカメラアプリの中では激押しです。

ただ、やっぱりカメラ素人には使いこなすのは難しいということで、「この機能はこんな風に使う」というのをご紹介していきたいと思います。前回の記事では「Color」と「Tone」という、エフェクトについてご紹介しましたが、今回はちょっと難易度が高い「ファインダーの設定」を解説していきたいと思います。

INStan Pocket 1.0.1(¥170)


ファインダーの設定に入る前に、それ以外の設定を確認します。まずColorはスタンダードなToyStorm。そしてToneは全てN(one)にしました。

INStan-2
INStan-2


ファインダーで楽しむ!

まず「WB」から。WBはホワイトバランスの略です。ホワイトバランスとは、屋内や蛍光灯の下で撮った写真の色味を、太陽光の下で撮ったような自然の色味に調整する機能です。

INStan-2

WBを使おうということで、私がきていた短パンに焦点を合わせて、そのタイミングで「WB」をタップします。

これで、今焦点を合わせているところのホワイトバランスで固定されました。


この状態で写真を撮ろうとするとおお!!なんだか全体が青みがかったような感じに!

INStan-2
INStan-2


次は「EX」。これは露出です。蛍光灯をうつしている所で露出を固定し、写真を撮ってみました。若干、全体の輪郭がくっきりとしたような感じを受けます。

INStan-2
INStan-2


次が「AF」!これはオートフォーカスをロックできます。近くでロックして、遠くを録るとこんな風にぼけます。自然にぼけるのがいい感じです。(左の写真は、オートフォーカスをロックするために撮った自分の腕です)

INStan-2
INStan-2


そして最後にMX!これはあれです。多重露光です。

INStan-2

まず、こんな風に画面下部を隠して、写真を撮ります。ここは普通に録ります。


INStan-2

次に、画面上部を隠して、MXをオンにした状態で写真を撮ります。

すると・・・


INStan-2

なんかすごい写真撮れた!!プロっぽいのきたよこれ!!

要は、一つ前に撮った写真と次の写真をかぶせることができるということらしいです。MXをオンにしている限り、何枚でも写真をかぶせられるらしいです。


光漏れも実現!

INStan-2

最後にご紹介するのは「ファインダーレスモード」!

ファインダーが取れてしまいます。この状態で写真を撮っても「パシャ」と音だけがなり、何が撮れたか確認できません。なんという・・・。

そしてまた、撮れる写真にもクセがあります。


こちらがその撮れた写真です。わかりますか。画面にボケの様なものが写り込んでしまっています。

INStan-2 INStan-2


INStan-2

これはトイカメラにおこりがちな「光漏れ」を再現したものなのだそうです。ちなみに、ファインダーレスで録った全ての写真に光漏れが再現されるわけではありません。何枚かに1枚という感じです。なんだかいいですね。


以上です。

Instagramとの相性がすごくよさそうですね!!→instagram: 写真を加工してみんなと共有!写真好きのための、カンタンに楽しめる写真共有アプリ!無料。3144


INStan Pocket 1.0.1(¥170)
iPhone アイコン
INStan Pocket 1.0.1(¥170)
参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)

オススメ