[iPad] 一度使ったら手放せない!メールアプリの使い方。


いままでにも iPad に標準搭載されているアプリの使い方をご紹介してきましたが、今回はメールアプリの使い方をご紹介します。

機能は iPhone 版とさほど変わりません。しかし iPad の大きな画面を活かしたデザインになっており、メールを思い通りに管理できるので一度使ったら手放せません。

さっそく使い方をご紹介します!

メールアプリを使い始める前に

最初にメールアカウントを登録しなければなりません。

以下の記事は iPhone でメールアカウントを登録する方法を紹介していますが、基本は同じですので、参考にしながらアカウントを登録してみてください。

メールアドレスの設定方法。@gmail.com編。

メールアプリを使いこなす!

まずはホーム画面から「メール」アイコンを探しましょう。
未読のメールがあるとアイコンの右上に、その件数を表示してくれます。


左側にメールボックスやメールが、右側にメールの内容が表示されます。いまは左側にメールアカウント全体を表示しているところなので「受信ボックス」をタップ。


すると、受信したメールが左側にリストアップされます。
読みたいメールをタップすると…


右側で文面が読める他、添付ファイルがあれば開いて見られます。ファイルを長押しすると、iPad に入れてある別のアプリで開くこともできます。


差出人の右端に表示されている「詳細」をタップすると、メールの宛先などがチェックできます。「未開封にする」をタップすると、既読メールが未読状態に戻ります。


メールをフォルダなどに入れて整理するには、右上にあるフォルダの形をしたボタンをタップします。


すると、そのメールの移動先となるフォルダのリストが左側に表示されます。フォルダをタップすればそこに移動されるので、受信ボックスからメールが消えます。


返信・転送するには矢印のボタンをタップします。


返信する場合、元のメールの本文が引用文として挿入されます。転送する場合は添付ファイルの他、差出人・宛先といった情報も引用文として本文に挿入されます。


複数のメールを一度に移動したり、削除したい場合は「編集」ボタンをタップ。



一緒に処理したいメールを選択して、削除(Gmail の場合はアーカイブ)するか、移動するかを選び、移動する場合は次にその送り先を指定します。


新しくメールを送る場合は、右上の白紙のボタンをタップ。


宛先や CC・BCC などを入力するか+ボタンをタップして連絡先データから引用して、本文を入力すれば送信できます。


メールの本文に必ず挿入される「iPadから送信」を消すには、設定アプリを開き…


「メール/連絡先/カレンダー」をタップして、その中にある「署名」をタップ。あとは「iPadから送信」を消すだけです。


iPhone 版に比べて、メールやフォルダの一覧が左側に常に表示されているので、未読メールがたっぷりある方やメールをサクサク仕分けしたい方にはとても便利です。

機能を使いこなして、効率良くメールを管理しましょう!

参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank

オススメ