動クンです: 写真の一部分が動くだと!?動かせるんです★村井の頭まわしますっヽ(•̀ω•́ )ゝ


カメラアプリ大好きマミルトンですヾ(o´∀`o)ノ
こんな面白いカメラを発見したので、ご紹介いたしまする。

このカメラ、写真のなぞった部分だけを、動かせるんです。
例えば、目だけなぞったら、目だけがクルクル回ったりして動きだすんです。

その名も動クンです

動くものの説明は、静止画で説明しにくいので、ぜひとも動画を見て頂きたいです。

では、さっそくいってみよー(σ・∀・)σ

おすすめ iPhone アプリ


iTime goes by
起動画面です

まずは、動かしたい写真を選んでいきましょう。

左下のカメラアイコンをLet’s tap ω・`)っ


iTime goes by
写真から選んでもよし。

カメラロールから選んでもよし。

お好きな方を選んでくだされ。


iTime goes by
今回はカメラロールから選択します。

おっと、カメラロールで、ひときわ目立つ写真が、私を呼んでいますね。

こいつでいきましょう。


iTime goes by
こちらは、ネクストCEOのトシズム画伯が描かれた「カエル」の絵にございます。

なぜか手だけがリアルですね。

絵はさておき、あとは動かしたい部分をなぞるだけです。


iTime goes by
ほら、こんな感じでね。

ちなみに、ペンの太さは、下のバーで変えれるよ。

するとまぁ不思議…!!!


お目目が動いているじゃあ〜りませんかっ。

iTime goes by
iTime goes by
iTime goes by
動くパターンや速さをカエルことだってできちゃう!カエルだけにね!

上から、【Amplitude】…なぞった部分の動き幅を変えられます。

【Speed】…文字通り

【Circurate】…くるくる回る

【Horizontal】…横に動く

【Vertical】…縦に動く

【Scale】…拡大&縮小を繰り返す

【Swing】…前後が動く

【右上の矢印】…1つ作業を戻す


iTime goes by
動かし方を学びましたね。

では、次は実写の人間を動かしてみましょう。

お相手はもちろん、@entrypostmanこと村井さんです。

ヨロシクお願いしまーす\(^o^)/


iTime goes by
村井さんの写真も、動かしたいところを赤く塗りつぶしましょう。


iTime goes by
ででーーーーん!!

【Scale】で拡大と縮小を繰り返す村井さん。

顔がでっかくなっちゃった。

口がいい感じに膨れっ面で、めっちゃ似合うw


iTime goes by
今度は、逆に小さくなった瞬間をとらえたよ。

周りの時空が歪んでる!

まさか村井さんの名言が、自分に使われることになろうとは。


iTime goes by
次は村井ちゃんの右手だけを塗りました。

顔とは一緒に動かないで、それぞれ違う動きをするんです。すごい!

しかし、写真では全然伝わらないよっ。残念っ!

十分楽しんだ後は保存しましょう。

右下の保存ボタンを押してください。


iTime goes by
この画像の保存方法は、カメラロールにではなく、誰かに送りつけるのみになります。

保存ボタンなのにね\(^o^)/

しかし、せっかく作ったおもしろ画像を、誰かに共有したい!!

そんなあなたの為に、保存を押すと、自動的にメールの送信画面になるのです。


村井さんの頭がくるくる回った動画は見て頂けましたか?ww

「いつもより、多く回っておりますっ!」的な感じに仕上がっております(`・ω・´)ノ

それにしても、写真が動くと、動画とはまた違った楽しさがありますねっ♪
みなさんも、ぜひ色々動かして遊んでください。

おすすめ iPhone アプリ
開発 Hokuson
掲載時の価格 ¥170
ジャンル 写真/ビデオ
容量 1.6 MB
執筆時のバージョン 1.3
アプリのアイコン
動クンです
参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank

オススメ