BoardMemo-忘れたくないこと: 通知センターにメモを表示できるアプリ。ToDo管理にも。

BoardMemo-忘れたくないことをご紹介いたします!こんなアプリを待っていました!

BoardMemo
BoardMemo


どんなアプリなのかというと…iOS 5から使えるようになった「通知センター」にメモを表示することができるアプリです。

通知センターがよくわからない、そんな方はこちらの記事をチェックしてください!
通知センター(Notification Center)解説。プッシュ通知が使いやすく進化しました!

ToDo管理アプリやメモアプリでは、そのアプリを開かないとToDoやメモを確認することができません。このBoardMemoでは、Twitterの@やメールを確認するために通知センターを開いた時、ついでに確認することができます。確認するつもりがなくても確認させられてしまいます。

シンプルなToDo管理、メモ、毎日自分に言い聞かせたいことや、お気に入りの格言を表示しておくなど、自由に使うことができます!さっそくご紹介いたします!

おすすめ iPhone アプリ


ToDoやメモを入力

さっそく起動してみました!

はじめに簡単な使い方の説明があります。また、通知センターの設定もここから変更することができます。後でも設定できますので、とりあえず【後で変更】で大丈夫です。

BoardMemo
BoardMemo


それでは右上の【+】ボタンをタップしてメモを入力しましょう。入力が終わったら右上の【完了】ボタンをタップします。

BoardMemo
BoardMemo


BoardMemo
メモの入力が完了しました。

それでは、画面の上から下にスワイプして、通知センターを表示してみましょう!


通知センターから確認

BoardMemo
出てきました…が、けっこう下のほうに表示されています。

これでは一目でチェックできないので、設定アプリから上に表示されるように設定しておきましょう。


BoardMemo
設定アプリの「通知」から【BoardMemo】を上のほうに移動しておきます。


メモは4行まで表示されます。

BoardMemo
通知センターに表示されるのは4行までとなります。

例えば上から3つ目の「買うものリスト」メモは「・ノート」以降が表示されません。


BoardMemo
こんな感じですね!


表示順序の変更、メモの修正や削除、設定など

BoardMemo
左上のボタンから表示順序の変更や、削除が行えます。


BoardMemo
通知センターに表示するメモの数を変更することもできます。

通知センターの【BoardMemo】→【表示】から変更することができます。

最大で10個まで表示することができます。


通知センター上からメモを削除してしまったら…

BoardMemo
もしも通知センター上からメモを削除してしまったら…

安心してください!通知センター上からは消えてしまいますが、アプリ内にしっかりとメモは残されています。

以下の方法で通知センターでの表示を復活させることができます!


BoardMemo
まずどれかメモを1つ開き、入力欄に何か文字を入力して削除します(入力欄に何か変化がないと【完了】ボタンをタップできないのです)。

ここで右上の【完了】ボタンをタップしましょう。

これで通知センター上にメモが再度表示されるようになります!どれか1つのメモに上記の操作を行えば、全てのメモが表示されるようになります。


以上です!

通知センターを開くたびにメモを確認することができるので、結局アプリを開かずに確認できなかった…という事態を回避することができます。

通知センターの素晴らしい使い方です!

おすすめ iPhone アプリ
開発 Ken Tsutsumi
掲載時の価格 ¥85
ジャンル ビジネス
容量 2.6 MB
執筆時のバージョン 1.0
アプリのアイコン
BoardMemo-忘れたくないこと
参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)

オススメ