CamScanner+: 日本語 OCR に対応した貴重なスキャナアプリ。これは名刺管理に最適かも!

CamScanner+
CamScanner+


CamScanner+ は文字を読み取り、テキスト化する OCR 機能が優れています。この手のアプリとしては珍しく日本語の読み取りに対応しているのです!

A4 用紙にびっしりと印字された書類を読み取ることは難しいですが、名刺をスキャンしてそこに記されている名前を読み取る程度なら朝飯前です。もちろん内容はアプリ内で検索可能!PDF 形式で出力した後もテキスト情報は失われません。

この他、スキャンアプリとして必要不可欠な複数ページの連続スキャン、Evernote や Google Docs といったサービスへのアップロード機能も実装されています。

おすすめ iPhone アプリ


左:スキャンするには左下のカメラボタンをタップ。
右:対象となるものを撮影します。連続して撮影することも可能です。

CamScanner+
CamScanner+


また、アルバム・カメラロールから写真を呼び出すこともできるので、時間がない時はカメラアプリで撮影しておき、時間のある時にまとめて処理することもできます。

CamScanner+

写真を撮影・選択したら、次は読み取る範囲を指定します。

通常は自動で範囲が指定されますが、背景色と紙の色が似ていると範囲が誤って指定される場合があります。その時は6個の円をドラッグし、手動で範囲を指定し直します。

設定が済んだら右下のチェックボタンをタップ。すると範囲内の画像だけを切り取り、平面化してくれます。


CamScanner+

標準設定のままだとノイズを除去し、背景を漂白してくれます。

また、明度やコントラストなどはスライドバーを使って微調整できます。

それでもまだキレイにスキャンできない場合は右上の【マジックカラー】をタップ。


CamScanner+

【オリジナル】を選択すると、カメラで撮影した時のままの画質になります。

【鮮明化】を選択すると色が強調され、字が読みやすくなる場合があります。

【エコノミー・モード】は輪郭をより強調した色調へと変化しますが、あまり実用的ではありません。

モノクロ化する場合は【モノクロモード】を選びましょう。

特に不満がなければ最初から設定されている【マジックカラー】のままで OK です。


CamScanner+

画像1枚1枚にはメモを付記できます。

例えば名刺をスキャンしたなら、名刺を頂いた場面や日時を記しておくと、後から思い出しやすくなります。

もちろんこのメモもアプリ内検索の対象となります。また、PDF ファイルとして出力してもこのメモの内容は保持されます。

作業が終わったら【上へ】をタップして、編集結果を保存しましょう。


CamScanner+

スキャンした画像は1つのドキュメントにまとめられます。いまは1つのファイルしかありませんが、後から追加することができます。

メモが付記されているファイルには、プレビュー画像の右端に黄色い帯が表示されます。

それぞれのスキャン結果にはオリジナルの画像も保存されているので、後からカラーを調整したり、スキャン範囲を指定し直してスキャンし直すこともできます。


左:プロパティではドキュメントの題名やタグ・用紙サイズが設定できます。
右:ドキュメント内のスキャン結果は1つの PDF ファイルとして出力できます。

CamScanner+
CamScanner+


CamScanner+

さらに作成した PDF ファイルを Google Docs などにアップロードできます。

Evernote にアップロードする際には、タグや保存するノートブックを指定できたり、メモを付記することもできます。


設定ではタグを登録したり標準の処理モードを選択したり、各種サービスのアカウントが登録できます。スキャンした画像をカメラロールに自動保存させることもできます。

CamScanner+
CamScanner+


OCR スキャンする方法

ここからは日本語の文字を OCR スキャンする方法をご紹介します。

左:スキャン範囲の指定と処理が終わった後に画面下部の OCR ボタンをタップします。
右:するとスキャンが行われ、文字として認識された範囲がマーキングされます。

CamScanner+
CamScanner+


初めて OCR スキャンを行う際には対象となる言語を指定する必要があります。標準では英語と日本語が選択されているので、特に変更する必要はありません。

アプリ内検索を使って OCR スキャンの成果を確認してみました。

左:「脇」という漢字を検索したところ。先程スキャンした画像が該当しました。
右:英語の文字列もきちんとスキャンされているのが分かります。

CamScanner+
CamScanner+


書類をスキャンして OCR 機能を使ってテキスト化するには精度がまだ足りませんが、名刺のように大きく文字が表示されているものであれば識字率が高く、実用的です。

また、テキストや付記したメモは PDF ファイルとして出力しても失われないので GoodReader や PC のビューワーで開いても検索できたり、読んだりできます。

ですから CamScanner+ ではスキャンと OCR を行い、PDF ファイルとして出力した後は管理を別のアプリに任せることもできます。

なるべく手間暇かけずに名刺管理をするにはピッタリのアプリではないでしょうか。
ぜひお試しください!

おすすめ iPhone アプリ
開発 IntSig Information Co.,Ltd
掲載時の価格 ¥450
ジャンル 仕事効率化
容量 17.6 MB
執筆時のバージョン 1.4.0.1
アプリのアイコン
CamScanner+
参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)

オススメ