Free-Time: 逆転の発想!予定を管理するのではなく「空き時間」を管理するアプリ。

Free-Time
Free-Time


Free-Time は既存のカレンダーアプリとは真逆の発想から生まれたアプリです。というのも、これが管理してくれるのは「空き時間」なのです。

標準のカレンダーアプリに登録されている予定を読み込み、2週間分の空き時間をリスト表示。さらに日ごとに予定と予定の隙間にある空き時間を分かりやすく表示します。

さらに空いている時間を素早く相手に伝えるための【share】ボタンもあるので、口頭で伝えるだけでなくバンプやメール・SMS で情報を送ることができます。

予定が詰まり過ぎていて空き時間がすぐ見つけ出せない、多忙な方にオススメです!

おすすめ iPhone アプリ


最初に起動したら、一日の睡眠時間や勤務時間のほかに朝食・昼食・夕食の時間帯などを登録します。

Free-Time
Free-Time


Free-Time

空き時間の表示単位や空き時間を知らせたい相手のメールアドレスや名前、電話番号を登録できます。

登録しておくと【share】ボタンからすばやく空いている時間を知らせられます。


Free-Time

設定が済んだらさっそく使ってみましょう。

まず最初に表示されるのが2週間分の空き時間がチェックできるリスト。

それぞれの日にどれだけ空き時間があるかが一目瞭然です。

【i】をタップすると、その日の予定件数の他に、朝食・昼食・夕食の時間帯に予定があるか否かがチェックできます。


Free-Time

フィルタを設定して、該当する空き時間のある日をリストアップすることもできます。

例えばランチタイムが空いている日を探すには【by Meal】の中央のボタンをタップ。それから【filter】ボタンをタップすると、該当する日だけが表示されます。

また、時間帯や曜日を指定してその条件に合う空き時間のある日だけを検索することもできます。


Free-Time

日をタップすると予定と空いている時間帯が【Free Time】として表示されます。

【Free Time】をタップすると【+ Selected】に表示が変わります。

そのまま【+】をタップすると、その時間に予定が追加できます。画面下の【share】をタップすると…


Free-Time

メールや SMS のほか、iPhone 同士を軽くぶつけるバンプによって空き時間の情報を誰かに知らせることができます。

ただし、プレミアムバージョンにアップグレードしないといずれの機能も1回しか試すことができません。


Free-Time

【+】をタップした場合、予定の追加画面が表示されます。

これは標準アプリのカレンダーとまったく同じ画面です。

追加した予定はきちんとカレンダーにも反映されます。

予定を追加したら一度、一覧画面に戻りましょう。バグなのか、そのままでは予定を追加したことが画面に反映されません。


アプリ内には広告が表示されます。これを表示されないようにするにはアップグレードが必須です。また、【share】機能をフルに活用するにもアップグレードが必要ですが、執筆時点では【share】機能は制限なしに利用できるようになっています。

動作が不安定な部分もありますが、予定を空き時間に詰め込まねばならない方にとっては頼りがいのある相棒となるはず。

日々、多忙を極める方々にオススメです。ぜひ一度お試しください!

おすすめ iPhone アプリ
開発 Ben Johnson
掲載時の価格 ¥85
ジャンル 仕事効率化
容量 9.1 MB
執筆時のバージョン 1.2
アプリのアイコン
Free-Time
参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!