iGADGET: 超重量級脱出系アドベンチャーゲーム。現実と幻覚が濃密に混じり合った果てにあるものは!?

iGADGET


1997年に発売されたGADGET -Past as Future-というゲームのiPhone版をご紹介。
当時はなんとCD-ROM4枚組の大容量ゲームとしてリリース、ヒットしたとのことです!

iPhoneでもなめるんじゃねぇ!気合の975メガ!重いぜ!!!


おすすめ iPhone アプリ


プレイ動画はこちら


ゲーム開始、ということでアプリを立ち上げるといきなりオープニングムービーが始まります。

おおお、まだ開始のメニューすら出ていないのにいきなりムービーだなんて!FF7バリに胸キュンです。

iGADGET


18年前・・・
すべてはあの場所で始まった!

iGADGET


しばらくムービーを見た後でやっとボタンが出てきます。
ここでゲームスタート!!

iGADGET


電車がたどり着きます。
超かっこいい。

ここで、おっさんとゲームタイトルがドーン!

GADGET!!!

iGADGET


ホテルの一室からスタートです。

ゲームは脱出ゲーム的なアドベンチャーゲーム!
まずは自分のホテルの部屋から出てロビーに向かうのだ。
部屋の鍵を探して・・・。

iGADGET


途中、ラジオで流れる不気味なニュースなど聞きながら。

iGADGET


部屋を出て、廊下をわたり・・・

iGADGET


そしてロビーに。
む!!!
誰かいる!!!

iGADGET


いた。
ホースラヴァーという科学者に接触してほしい、とのこと。
すげぇ、かっこいい。

iGADGET


そして、ホテルを出発です。

iGADGET


ゲームは至るところでムービーが混ざります。
マジで気合入りまくりの作りこみ。

iGADGET


電車に乗って博物館へ向かうのです。
チケットを手に入れたり。

iGADGET


電車の中で鉱物の勉強をしていたりすると、

iGADGET


目的の駅に到着です。
ここには博物館。

iGADGET


と思えば、博物館到着前にもどんどん依頼が。
物語はどんどん変化しています。

iGADGET


ここが博物館。
人が一人もいない。。

iGADGET


ここに侵入していくと、とある部屋に誰かがいて・・・。

物語はどう進んでいくのか!?

読み物ゲームではありません。
ゲーム内の様々な場所を探索しながら進んでいく壮大なアドベンチャーゲームです。

重厚なプレイをされたい方!ぜひ挑戦すべし!!

おすすめ iPhone アプリ
開発 NTT Resonant Inc.
掲載時の価格 ¥450
カテゴリ ゲーム
容量 974.8 MB
執筆時のバージョン 1.01
iGADGET 
iGADGET 
参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank

オススメ