iTunesのライブラリのデータを外付けHDDに移動させる方法(Windows編)


こんにちは、KiDDです。

AppBankのメンバーが読者の質問に答える企画「教えて!AppBank」に対して、「ハードディスクの容量を空けるために、iTunesのデータのバックアップ場所を外付けHDDにしたい」という質問が多く寄せられました。

そこで今日は、WindowsでiTunesのライブラリのデータを別の内蔵HDDや外付けHDDに移動させ、Cドライブの容量を空ける方法をご紹介します。

※Windows XPにてテストを行っています。


まず、iTunesのメニューから【編集】→【設定】をクリックしてください。


【一般 環境設定】ウインドウが開いたら、【詳細】タブをクリックします。


【詳細】タブの一番上に「[iTunes Media] フォルダーの場所」という項目があるので、【変更(C)】をクリックします。


フォルダの参照ウインドウが開くので、ここでライブラリのデータを移動させたい外付けHDDを選択します。
フォルダを選択したら【OK】をクリックしてください。


これで、今後は選択した外付けHDDのフォルダにデータが保存されるようになります。


また、あわせて「ライブラリへの追加時にファイルを [iTunes Media] フォルダーにコピーする(F)」をチェックしておくと、音楽ファイルなどをiTunesに登録したときにデータが[iTunes Media] フォルダーにコピーされるようになります。

これでコピー元のファイルを消せるようになるので、さらに他のHDDの容量を節約できます。


Cドライブ内のデータのコピーを忘れずに!

ただ、さきほどの設定だけでは新しく購入したファイルしか外付けHDDに保存されません。


そこで、iTunesのメニューから今度は【ファイル】→【ライブラリ】→【ライブラリを整理】をクリックしてください。


「ファイルを統合」にチェックを入れて【OK】をクリックすると、iTunesに登録していたすべてのファイルが[iTunes Media] フォルダーにコピーされます。


これで、今まで登録していたデータのすべてが外付けHDDに保存されました。
作業完了後はCドライブのデータを削除してもiTunesのライブラリを今まで通り使用できます。


Cドライブの容量を節約したい、減らしたいという方は試してみてください。

Mac編はこちら→iTunesのライブラリのデータを外付けHDDに移動させる方法(Mac編) – AppBank

AppBank 全力プッシュ!

セール/情報の新着記事