【写真加工を実践してみた。Vol.5】「トーンカーブ」習得したらやべぇぇ!写真加工が思いのままよ♡

こんにちは、【写真加工を実践してみた】のお時間です。
さて、今回の実践編はトーンカーブ。
これまでの初級編の内容より、少しランクアップした内容になったようで、習得するのにいつもより苦戦してしまいました。。

しかし、これを習得できたら、めっちゃ便利そう!!
技の引き出しがググっとあがりそうなこのトーンカーブを頑張って習得するぞっ♪

「トーンカーブ」ってなんぞや??という詳しい内容については、ももぞう教官のこちらの記事をご参考くださいな(`・ω・´)ノ
【写真用語を学ぼう Vol.5】トーンカーブで、写真の色調を部分的に調節する! – AppBank


逆光写真がめっちゃキレイになったぞ!!

どうですか!?この暗い逆光写真が、こんなにナチュラルでキレイな写真になりました!すげーな!トーンカーブ!!
さっそく見ていきましょう(`・ω・´)ノ

実践編 (11)
実践編 (7)


実践編 (10)
ももぞう教官の記事によると[左下が暗い・右上が明るい]となっていました!

とゆーことで、左下の1番暗いところを上げてみました。

・・・しかし、なんか全体的にくすんで、微妙(´・_・`)


実践編 (9)
つまりは、もうちょっと上の中間色を明るい方向にあげてみました!

おおっ!!なかなかいい感じになったぞ!!

つまりは「どの位置に該当する明るさを上げるか」が重要なんですね!!

全体的にふんわりした仕上がりに。


実践編 (8)
しかし、もうちょっとこだわれちゃうのが、このトーンカーブ!!

全体的に、ふんわりしちゃったので、ちょっと締めたいぞっ。

さっきの位置より、もうちょい明るい右上をちょっと下げてみた!

そしたら、締まった\(^o^)/


比べてみたら、締まった感じがスゴイ解る!!

どーーーですか!! 2枚並べたら、違いは明確。
ふんわりした左も、これはこれでいいかもしれないけど、ススキらへんの色がしまったことで、味が出ました!!
こんな感じにこだわれちゃうんですね。ステキ。

実践編 (7)
実践編 (6)


色の明暗がわかりづらい写真もこの通り、くっきり!ハッキリ!

雪山で撮った写真なのですが、地面も真っ白なので、ハートのオブジェが、解りにくい。
そんな、色の明暗がわかりづらい写真もトーンカーブを使えばこの通り!
ちゃんとハート形がわかりますね!

実践編 (5)
実践編 (1)


実践編 (4)
影の部分の暗さを、もうちょっと暗めにしたい!

ってことで、その部分をちょこっと下げてみました。


実践編 (3)
影がくっきりしましたね♪

しかし、せっかくの雪の白さまでもが暗くなってしもうた(´・_・`)


実践編 (2)
とゆーことで、雪の明るい部分を上げました!


実践編 (1)
雪の白さも、くっきり、ハッキリでましたね♪


マミルトン的総括

このトーンカーブについて、何も知識がなかったころは、何でこんな効果が出ているのか全く解っておりませんでした。
そして、ももぞう教官の【写真用語を学ぼう〜トーンカーブ〜】を読んで、なんとなく解ったような気はしましたが、本当に理解できたかというと自信はない!そんな状態でした。

そして、記事を読みながら、使ってみて、初めてきちんと仕組みを理解しました。
だから、もしこの記事やももぞう教官の記事を読んで、まだ理解したという自信がない方は、是非試してみてください!!!

「ハッ(・д・)!!そーゆーことだったのね!!」という感動が、きっとあなたを待っている!はず!!

加工に使用したアプリはこちらです。

[iPhone, iPad] PhotoForge2: 全ての写真加工アプリを捨ててもこれだけは残したい!

ちなみにこれまでの【写真用語を学ぼう】シリーズは、ここから。

【随時更新】iPhone のカメラに詳しくなる記事まとめ!撮影テクニックから加工用語まで。

「こういう記事を書いて欲しい」「もう少し上級かもしれないけど、こういうことが知りたい」などなどありましたらこちらまで意見をお寄せ下さい。

写真撮影・加工に関する質問を受け付けております!

みなさま、良かったら一緒に学びましょう。

以上、マミルトンの【写真加工を実践してみた。Vol.5】でした。
\次回ももぞう教官の学ぼうシリーズを乞うご期待/

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!