標準のマップアプリで「渋滞状況」をチェックする方法。

渋滞状況
渋滞状況


車でお出かけになる方が気になるのはやはり渋滞情報ではないでしょうか。

一番頼りになるのは日本道路交通情報センターが公開している情報ですが、それ以外にも手軽に確認できる渋滞情報があります。

それは標準のマップアプリで利用できる「渋滞状況」です。これは Google マップで利用できる同種の機能と同じで、地図上に渋滞箇所を分かりやすく表示します。

今回はそんな「渋滞状況」表示機能の使い方と、その仕組みをご紹介します。

※運転中の運転手が携帯電話を使用することは法律によって固く禁じられています。渋滞情報をチェックするのは運転中でない時か、同乗者にチェックしてもらいましょう。

「渋滞状況」表示機能の使い方

左:まずはホーム画面からマップアプリを起動します。次に右下のボタンをタップ。
右:地図がめくれてメニューが表示されます。ここで【渋滞状況を表示】をタップ。

渋滞状況
渋滞状況


渋滞状況

すると、地図上の幹線道路が緑・黄・赤のいずれかの色に染まります。

緑色の部分は順調、黄色の部分は交通量が比較的多い状態、赤色の部分は混雑している状態を示します。


渋滞状況

表示を【航空写真】モードにすれば、より渋滞情報が分かりやすくなります。

モードの切り替えは右下のボタンをタップし、好みのモードを選ぶだけです。


渋滞状況

経路検索中にも渋滞状況は表示できます。

経路の候補が複数ある場合には、これらの情報を見ながら遠回りでも渋滞に遭遇しないルートを選ぶ、といったことも可能です。


なぜ Google は交通状況が分かるのか?

Google Japan Blog では、その仕組みについて以下のように説明をしています。

交通状況は、スマートフォンでユーザーがMy Location (現在地)の機能を有効にしている場合にのみGoogle に送られる、匿名化された位置情報と速度データを利用して通行の状況を計算、表示しています。

Google Japan Blog: 交通状況がGoogle マップで見られるようになりましたより引用)

また、そのような仕組みのため、さらに Google へ位置情報と速度データを送信するユーザーが多くなれば、渋滞情報の精度はより高くなるとのことです。

位置情報の送信を望まない場合は、アプリの位置情報利用許可を取り消すようにと Google のヘルプページには書かれています。

現在地(ベータ版)機能を無効にする – Google Maps for Mobile ヘルプ

ただ、Google が具体的にどのアプリで位置情報を収集しているのかを明言していないので、心配であれば位置情報サービスそのものをオフにした方が良いでしょう。


最後に

運転中の運転手が携帯電話を使用することは法律によって固く禁じられています。渋滞情報をチェックするのは運転中でない時か、同乗者にチェックしてもらいましょう。

▲ 参考になったら押してみよう! ▲
AppBankの事前登録サイト『ゲームコネクト
フリック1つで超爽快!ぶっとびアクション『スマッシュ&マジック』の事前登録が開始!
事前登録人数に応じて、貰える「サファイア」が増えていくぞ!

スマッシュ&マジック

AppBank 全力プッシュ!

オススメ