iTunes に入っているアプリを整理する方法。不要なアプリを取り除いてスッキリしよう!

iTunes にたくさんのアプリが入っていると、アプリのアップデートに時間がかかったり、目的のアプリを探し出すのが大変です。

そこで今回は、不要なアプリを iTunes から取り除いて整理する方法をご紹介します。この方法だと、iTunes にいつでも戻せるように取り除いたアプリを PC に残せます。

この他にも iPhone の便利技をアプリでご紹介しています。ぜひご利用ください。
iPhoneの説明書: iPhoneをもっと楽しく使うための説明書!全ての人にオススメ!

整理する前に…

まずは設定を確認します。Mac の場合は【iTunes】メニューを開いて【環境設定】をクリック、Windows の場合は【編集】メニューを開いて【設定】をクリックします。

すると、設定画面が表示されるので【詳細】タブをクリック。次に【ライブラリへの追加時にファイルを”iTunes Media”フォルダにコピーする】にチェックが入っているかを確認します。入っていない場合はチェックを入れて、【OK】をクリックします。

iTunes アプリ整理術


アプリを整理する

iTunes の【App】を開きます。

iTunes アプリ整理術


不要なアプリを選び、iTunes からデスクトップへドラッグ&ドロップします。

iTunes アプリ整理術


iTunes アプリ整理術

するとデスクトップに IPA ファイルが作成されます。

これがアプリです。


次にドラッグ&ドロップしたアプリを iTunes で選択し、右クリック。
表示されたメニューから【削除】を選んでクリックします。

iTunes アプリ整理術


以下のメッセージが表示されるので【App を削除】を選びます。

iTunes アプリ整理術


既にデスクトップにアプリのファイルがあるので、【ゴミ箱に入れる】をクリック。これで iTunes に入っているアプリはゴミ箱へ移動されます。

iTunes アプリ整理術


これで作業は完了です。

あとはアプリのファイルを、通常のファイルと同じように整理・管理しましょう。例えば「不要なアプリ」というフォルダを作ってまとめておけば、分かりやすいですね。


整理したアプリを iTunes に戻す

アプリを iTunes に戻す時は、アプリのファイルを iTunes の【App】にドラッグ&ドロップ。これで iPhone/iPad/iPod touch にそのアプリを同期できるようになります。

iTunes アプリ整理術


アプリを同期して動くことを確認したら、ドラッグ&ドロップで iTunes に入れたアプリのファイルは削除しましょう。


注意:整理したアプリは iPhone からも消えます

今回ご紹介した方法で、iPhone に入れているアプリを iTunes から削除すると、次に同期した際に iPhone からもそのアプリが削除されてしまいます。

そうなるとアプリのデータ(例:ゲームのスコア)が失われてしまいます。間違って iPhone に入れているアプリを削除しないようにしましょう。


こちらもどうぞ

「iPhoneの使い方、裏技や便利技をもっと知りたい!」という方はこちらのアプリをダウンロード!

アプリのアイコン

レビューはこちらから!
iPhoneの説明書: iPhoneをもっと楽しく使うための説明書!全ての人にオススメ!無料。

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!